性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

離婚? 今が考えどきかもよ?



死ぬまで一緒にいようね❤

みんな、そう思って結婚するんだと思います。付き合いもそれなりに長く相手のことはほとんど知ってるし、お互いへの愛と信頼は一生変わらないと信じています。回りからも祝福された結婚で、将来への迷いや不安なんて一切ない・・・。

そんなカップルでも、一緒に生活する期間が長くなると歯車が合わなくなってくることがあります。そこで夫婦で話し合ってうまく問題を解決できればいいのですが、どうにも修復できなければ離婚に発展することもあります。





【続きを読む…】

【メイド喫茶オーナー】「粘着系」はモテないなやっぱり



メイド喫茶元オーナーの【女の子のそこのところ】第231回

「なんか板で粘着されました」とか
「メイド喫茶でバイトしていたら、あるお客さんに粘着されて、
辞めてしまいました」とか
結構、粘着話ってのをよく聞きます。
なんで、ヒトは粘着しちゃうのか?粘着なんてモテないのになあ。


【続きを読む…】

LINE、Facebook疲れた・・・もうやめたいよ


疲れたな~

LINEハマってますか。Facebook(以下:FB)やってますか。俺もやってるけど・・・ちょっと疲れたわ~。だってSNSはいい意味でも悪い意味でも人と繋がってるから、「これ書いたら、あれ会社の人どう思うかな」とか「やべ遊んでるってばれちゃう」とか、気にしちゃうと切りがない。で、結局何も投稿できなくなる・・・。なんか他のないかな


【続きを読む…】

天然物にこだわるオッパイ星人に贈る! 偽チチを見破る5つの方法



最近では“プチ整形”という言葉もすっかり定着し、整形に対する抵抗感も少なくなりつつある。
実際にしている人も多く、韓国『中央日報』(2013年1月31日)によると、『2011年 国別整形手術実施回数』で日本はのべ95万回で第4位にランクインしているほどだ。
しかし! それでも、あえて“天然物”にこだわりたい方も多いだろう。
そこで今回は偽チチの見分け方をお教えしよう!

【その1】服の上から乳首の位置で見破る方法
難易度:95%

きちんと服を着た女性の胸が天然なのか整形なのかを見極めるのは、ほぼ不可能だと考えた方がいい。
なぜなら、現在、日本で売られているブラジャーのほとんどには、バストアップなどの補整機能がついているからだ。
そのため、整形に限らずパットを使っていたり、実際には垂れていてもわからないことが多い。
それでも、わずかに残る判断材料が“乳首の位置”だ。
自然な乳房なら重みで下に垂れるため、当然、乳首の位置もやや下になる。
対して偽物は完全な丸のため、乳首は下ではなく真ん中にくるのだ。
また、身長にもよるが、一般的に乳首からあごまでの距離は約25センチだと言われている。
この距離が平均よりかなり短ければ偽物かもしれない。
もっとも、日本の高性能ブラジャーには補整機能だけではなく、乳首が浮き出ないよう鉄壁のガード機能もついている。
だからこそ、最初に述べたように服の上から偽チチかを判別するのは困難なの



【続きを読む…】

【自画像付】あなたの歯はきれいですか?



好きな人といい感じになって
キスをする事になって・・・初めて相手の歯を近くで見る。

すると・・・相手の歯が茶色に変色している。

この人の事は好きだけど正直・・・
この歯とキスをするのかと思うと気持ち悪いと思った事があります。


【続きを読む…】

HPV(ヒトパピローマウイルス)と子宮けいガン(女性感染率60~80%)




 このサイトや『D2ちゃんねる』でも、
何度か取りあげたSTD(性行為感染症)ですが、
今回は、子宮けいガンについてです。

 実は最近、小生の知人女性の1人が、
子宮ガンの手術をしました。

 おかげさまで、幸いにも、手術は成功したそうですが、
原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)でした。

 HPVは、比較的小型のDNAウィルスで、
性交歴をもつ女性の、
約60~80%の人が、一生のうち少なくとも一度は感染するといわれています。

 また、そのほとんどの感染は一過性であり、
仮に感染しても、人が本来持っている免疫力により、
自然治癒することいわれています。

 そこで今回は、
『HPV(ヒトパピローマウイルス)と子宮けいガン』です。



【続きを読む…】

大穴?! バツイチを敬遠するなかれ



今年もバレンタイン・デーが終わって、恋愛関係のイベントはしばらくお休み。恋人探し続行中の方々は、これからの季節、イベントに惑わされることなくゆっくりじっくり活動できます。

今までお相手への希望条件が厳しくてなかなか満足できる出会いがないと思っていた人も、ちょっと間口を広げると意外とアタリな異性に出会えるかもしれません。

初婚の人じゃないとダメ!

そう言わず、バツイチの人にも会ってみたらどうでしょう。





【続きを読む…】

世界ぺニス偉人伝その2 フランスの英雄は短小だった!? ナポレオン


『世界ぺニス偉人伝その1』では巨根の偉人を取り上げたので、第2回となる今回は短小の偉人をご紹介しよう!

●最初の妻ジョセフィーヌや主治医が証言「小児のようだった」
「余の辞書に不可能の文字はない」というセリフや、1日に3時間しか寝ない」なんて逸話で有名なフランスの英雄ナポレオン。
そんな彼には、この他にも知る人ぞ知る逸話がある。
それが「ナポレオンのチ○コは極小だった」というもの。
これはかなり信憑性があり、彼の死語、最初の妻ジョセフィーヌや主治医が、「小児のようだった」と語っている。

●悪妻は百年の不作! 結婚相手選びは慎重に
蛇足ながら、最初の妻だったジョセフィーヌは、結婚当初、浮気と浪費でナポレオンを悩ませた悪妻だ。
ただし、ナポレオンが功績を上げてからは夫の偉大さに気付き、必死によい妻になろうと努力したという。
しかし、やはり本来の性質は簡単には変えられないようだ。
離婚したとはいえ、元夫のチ○コの大きさを暴露するなんて、とても良妻とは呼べない。
離婚に踏み切ったナポレオンの判断は正しかったのだろう。



【続きを読む…】

ズルムケより包茎の方が感度がイイことが判明したようです


■包茎で悩む必要なし?

日本人男性の約半数~7割程度は仮性包茎だと言われています。つまり包茎であってもマイノリティーではなく恥ずかしがる必要もなさそうですが、包茎手術をする・しないということで悩む人は意外に多いのも事実です。

ある研究では「包茎の方が良い」という報告があるそうで、手術をするか否か迷っている人はひとまず考えたほうがいいかもしれません。






【続きを読む…】

女性の「性」が開放的になっている


男だけじゃズル~い

普段、男性目線でセックスに関する記事を書かせていただいただいているが、最近よく目にするのは女性目線での記事。職業柄、興味があるので目にするのかとおもいきや、女性の「性」に対する考え方が変わってきてる傾向が見受けられる。今回はそのあたりを考察したい。

【続きを読む…】













デイトレードとは