性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻の不倫率は3割!不倫妻を見極める4つのポイントとは?


■熟女ブームの裏で・・・

昨今熟女ブームなるものがきていますが、本当に綺麗な30代40代って増えていますよね。そしてその年代の中でもひときわ妖しい魅力を放つのが人妻という存在。

今回は人妻の不倫率や人妻を口説くときのポイントなどを調べてみました。










貞淑で影から夫を引き立て支えるのが妻の役目。30年も前ならそんな考え方は当たり前だったのかもしれませんが、今は夫婦平等、共働きで家事も分担し上下関係などないのが当たり前です。

もちろん浮気だって夫ばかりのものではなく、妻が浮気をするのもおかしな話ではないのかもしれません。





東京外語大の千田教授という方が行った2004年の調査ではこんな結果が出ています。


・1000人の男女を対象に不倫調査
夫婦間の不倫率は28.4%で男女ともに30%前後の不倫率である


一昔前であれば夫の不倫率の方が高かったのかもしれませんが、今の時代は妻も同じように不倫をしているのです。







人妻との合コンやナンパを数多く経験しているあるナンパ師はこう言います。

「20代の未婚の子より30代の既婚の方が一皮むくと積極的になる」


彼の経験によれば若い子の方が浮気に対して「怖い」「彼を大事にしたい」「裏切りたくない」といった気持ちが強く、逆に人妻の方が表面的には「夫がいるので、結婚しているので」と言いつつもちょっとしたことでタガが外れやすいのだとか。


また彼は不倫に陥りやすい人妻のこんな特徴を挙げてくれました。


1.年齢の割に小綺麗にしている
美容に気を付けているのは異性からチヤホヤされたい願望の表れ。気合を入れ過ぎてるような人は美容そのものが趣味の可能性もあるが、年齢‐5歳程度のアンチエイジング人妻は隠れた不倫願望に火をつけやすい。


2.会話が自分のアピールであることが多い
誰でも相手に良く見られたい願望があり、自分アピールをするのは当然。しかし不倫願望主婦の場合その傾向が強く、特に異性との会話中に自慢話などが多いときは不倫願望が強いことが大半。



3.二人きりだと家庭の不満をもらす
気の知れた友人であるなら愚痴をもらすのも当然。しかし二人きりの場面でそれほど付き合いのない異性に対して愚痴をこぼす人妻が存在する。今の環境に不満がある、誰かに自分をわかってほしい、違う世界をのぞいてみたい、、、つまり不倫願望が現れている可能性が高い。



4.若い時からモテていた
どの年代、グループにも存在するマドンナ的女性。彼女たちがアラサー、アラフォーの人妻になると不倫妻になる可能性が高い。
若いころは本当にチヤホヤされていたが歳と共に男は若い女へ走り、だんだんと自分なんか相手にしてくれなくなる・・・そんな気持ちがあるのか不倫に走りやすくなるようだ。




またこれ以外にも彼はこんなことを言います。


「結婚すると女性の中に安心と憂鬱が同居するんです。特定のパートナーができた安心感、その逆にずーっと一緒にいなければいけない憂鬱。二つの気持ちを持ってるから「一度くらいいいか」って軽い気持ちになりやすいんじゃないですかね」








不倫妻3割の時代。道徳的に不倫なんて肯定できませんが、実際に「一度くらいいいか」という人妻は存在し、その攻略もそれほど難しくないのが現実なのかも。

妖しい魅力を持つ人妻を一度経験してみるのも今ならありなのかもしれませんね。




文・編集/麹町敏郎
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら









デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。