性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロ一筋15年のベテランが教える! エロライターになる方法~前編~



『キャラメル民族』閲覧者諸氏の中には、「アダルト業界で働きたい!」という方もいるだろう。
そこで、15年以上、エロ業界で飯を食ってきた筆者が、もっとも簡単になれる業種をお教えしよう!

●パソコン一台で始められる! ライターは気楽な家業ときたもんだ♪
エロ業界でもっともなりやすい業種といえば、『ライター』をおいて他にはない。
なにしろ、文字なら誰でも書けるし、【他に比べれば】学歴・年齢なども不問なことが多いからだ。
また、ほとんど機材が必要ないのも利点だ。
さすがに今は「紙とペンのみ」というわけにはいかないが、ネット環境の整ったパソコン一台あれば十分なのだ。
エロとはいえマスメディアに関わりたい思う人間なら、それぐらいは持っているだろう。
すなわち、先行投資ゼロで始められるのだ。
だからこそ、誰でもなりやすいのである。









●ツテがなくても大丈夫! インターネットがすべて解決!
では、続いてエロライターとしてデビューする方法をお教えしよう。
まず、一番お手軽で簡単なのが、ネットで募集を出している会社や個人を探すことだ。
特にエロ系サイトでは、一年中、募集をかけていることが多いので応募しやすい。
ただし、消すのか面倒なだけという場合も多いらしく、返事がこないことも多いのだが(苦笑)。
それに比べ求人サイトでの募集は応募さえすれば、ほぼ返事がくる。
ただし、出ない時はまったく出ない。
また、条件がいいものはライバルも多いので、初心者が採用されることは難しいだろう。
それでも、「なりたい!」という場合は、プロが引き受けない低価格の仕事をコツコツとこなし、レベルアップをしていくしかない。



●急がば回れ、出版社や編プロに勤務すればライターになるのも簡単!
「なんだ、ちっとも簡単じゃないよ。もっと早くて楽な方法はないの?」
なんて考えたアナタは賢い!
実はもっと楽で確実にライターになる方法があるのだ。
その方法とは、「出版社や編集プロダクションに勤務する」ことだ。
社員は難しくてもバイト程度ならば、比較的、採用されやすい。
組織に属すれば自然とツテもできる。
少なくても勤務していた会社の人間とは顔見知りになれるので、そこから仕事を回してもらえることも多いのだ。
実は筆者自身も元は出版社に勤務していたし、ライターには編集者あがりが割りと多い。
ちょっと本末転倒だが、「急がば回れ」というコトワザもある。
もし、アナタが30代前半なら、まずは出版社や編集プロダクションに勤めるという選択肢も検討するといいだろう。

文/月夜
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
  1. 1575:
  2. 2013/05/07(火) 21:00:05 |
  3. URL |
  4. [ 編集]

40代後半の場合はどうしたらいいですかね?

コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら









デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。