性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻の誘惑は、オイシイだけですませたい!



元モーニング娘。の矢口真里の不倫、離婚の話題が世間を賑わせています。それに関連して、肉食系人妻の浮気/不倫について語られることも急増しているようです。

今回、これだけ騒ぎになっている原因は、既婚の矢口が元アイドルであったにもかかわらず、夫の留守中に若い間男を自宅寝室に連れ込んだ現場を夫に押さえられたというショッキングな状況でしょう。古くは俳優の大鶴義丹が同じことをして泥沼離婚しています。今まで、こういうパターンは男性が多かったようですが、最近は男女差がなくなってきたのかもしれません。










女性の浮気/不倫は今に始まったことではありません。ずっと昔からあることですが、最近はそれが増加傾向にあるのは否めないかもしれません。

20代後半から30代前半で結婚したとして、その後の人生の50年、ずっと同じ相手(=配偶者)としかセックスしないというのが前提の性生活です。長い人生、結婚していたってほかの異性に惹かれることがあったり、配偶者以外の異性とセックスしたいと思うことがあっても何の不思議もありません。

というか、冷静に考えれば、50年同じ相手とセックスって無理だろと思いません? 近年は、女性の経済力も上昇。ネットなどで出会いの場も増えました。中高年のライフスタイルも、以前に比べたらかなり選択肢が増えています。


20年以上前のアラフォー女性なんて言ったら萎れたおばちゃん以外の何ものでもなく、男性にとって彼女らが性欲の対象になるかなんて考えもしなかったと思います。しかし、最近の40代主婦は、きれいな人は本当にきれいです。これならイケる・・・そういう感じの熟女も増加傾向にあります。男性側からのターゲットの範疇に入る女性も、確実に増えてきたわけです。


え~!!! オマエ、パートの奥さんとヤッタの?!


こういった状況があいまって、チャンスがあればやっちゃおうかしら❤・・・ということになっているのでは思われます。



【気を付けたい、人妻とのアレコレ】


人妻と言えば、他人の奥様。他人のものであるがゆえに燃えるという状況もありますが、旦那バレにだけは気を付けなければいけません。バレてしまえば、不倫ということで自分にも慰謝料の請求が来ることになります。人妻夫婦が離婚ということになれば、責任とって結婚して!などとも言われかねません。


熟女の色気は、小娘とは段違いなのよ❤

そんな面倒臭いことを避けるためにも、人妻と浮気をする時は次のことに気を付けましょう。


▶ 人妻の自宅には絶対に行かない

その人妻は、浮気常習犯で旦那が証拠収集中かもしれませんよ? 踏み込まれたら、弁解の余地はありません。


▶ 同じ相手と継続しない

不貞行為(不倫)を原因とした離婚をするためには、複数回婚外性交渉を持ったという証拠が必要となることが多いです。できれば、同じ相手とは1~2回までにしておきましょう。


▶ 同じ生活圏内の人妻を相手にしない

同僚、町内など、環境を簡単に変えられないところにいる相手は絶対に避けましょう。揉めたり、バレたりすると後々大変です。


▶ 必要以上に自分の情報を与えない

問題があった時、実家や会社に凸されたりする可能性があります。


▶ 恋愛感情を抱かせない

せいぜい恋愛っぽい雰囲気を作るだけにしておきましょう。人妻が恋し始めると、なぜかガードが緩くなり、旦那バレのリスクが上がります。


▶ できるだけ人目は避ける

生活圏から離れたところだからといって安心できません。海外へ不倫旅行に行ったのに、ニュースに映り込んでしまったばっかりにバレたケースも実際にあります。



本来、人妻はセックスの対象にしてはいけない相手なので、付きあおうと思ったらリスクはたくさんあります。

適齢期の女性を相手に遊ぶと結婚を期待されたりして面倒だけど、人妻ならそういう心配がないからイイという話もよく聞きます。でも、人妻を相手にしたら、揉めた時にもっと面倒なことになるのです。

いずれにしても、遊ぶなら、さくっとつまむ程度がよろしいようです。



文/峰フジカ

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら









デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。