性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて彼女の親に会うときの9つの心得

彼女の親との顔合わせは、恋愛における大事なイベントです。初めて彼女の実家に遊びに行くときに、ちゃんと自分が信頼できる男であることを示しておかないと、後々面倒なことが起こるかもしれません。そこで今回は、「初めて彼女の親に会うときの9つの心得」をご紹介いたします。

  • 【1】新しい靴下を履いて行く。

    276 0 150430111648450 700x

    私服にしろ、スーツにしろ、清潔感のある服装を心がけるのは常識。とくに、足元は意外と見られるポイントなので、靴下くらいは新しい一足を履いて行きたいところです。

  • 【2】手土産を用意しておく。

    276 1 150430111648675 700x

    社会人なら手土産は当たり前。学生でも、千円出して相手の家族全員分のシュークリームを買うくらいの心意気を見せましょう。律儀なヤツだと思ってもらえるし、人はおいしいものを食べると妥協的になるといわれています。

  • 【3】約束の時間より2~3分遅れて訪問する。

    276 2 150430111648793 700x

    娘の彼氏を迎えるために、彼女の親は当日に掃除や食事の準備でバタバタしている可能性があります。約束の時間よりも早く行き過ぎると迷惑になることもあるので、2~3分遅れて行くぐらいのほうが正しい判断だといえるでしょう。

  • 【4】玄関先の第一声で誠実な印象を与える。

    276 3 150430111648865 700x

    泥棒じゃないのだから、玄関先でコソコソしたりモジモジしてはいけません。受験や就職の面接と同じで、最初に元気な声で挨拶をしないと、人としての社会性をアピールできません。

  • 【5】いきなり部屋にこもらず、最初は親と一緒に雑談をする。

    276 4 15043011164987 700x

    初対面で、挨拶もそこそこに彼女の部屋にこもってしまうのは失礼です。彼女の親から「部屋でゲームでもしてくれば」的な許可が出るまで、居間で一緒に話しているのが優等生の判断です。

  • 【6】言葉遣いを気にするより、元気良く話す。

    276 5 150430111649287 700x

    人は相手が喋っている言葉の内容よりも、表情で印象を決める傾向があるといわれています。たとえすべての語尾が「ッス!」だとしても、言葉遣いを気にしてモゴモゴ喋るよりは清々しい印象を与えることができるでしょう。

  • 【7】彼女の名前を呼び捨てにしない。

    276 6 150430111649381 700x

    馴れ馴れしい印象を与えないためにも、最初のうちは彼女の名前を「○○さん」と呼ぶべき。言わずもがな、初対面で相手の親を呼ぶときは「お父さん」ではなく「おじさん」です。

  • 【8】トイレを勝手に使わない。

    276 7 150430111649491 700x

    彼女の部屋からトイレに移動する場合も、可能であれば家の主である親に「お手洗いをお借りします」と一声かけてから使いましょう。こういった細かい礼儀でポイントを稼げば、「なかなか良くできた男だ」と思ってもらえるはずです。

  • 【9】長居は禁物。2~3時間を目安に帰る。

    276 8 150430111649676 700x

    初回からおやつも夕食も食べて帰るのは厚かましいです。彼女の部屋に長時間こもっていると「ナニをヤってんだ!?」と怪しまれますし、2~3時間を目安に帰るべきでしょう。

初めて彼女の親に会うときは、他にどんな心得をふまえておくべきでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。