性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性が思わずニヤけてしまう「初恋のころ」に戻ったような女性からのアプローチ9パターン

女性にとっては恥ずかしい男性への「好き好きアピール」が、意外にも男性の心には刺さるようです。では、男性が喜ぶ、少女みたいに初々しい女性の恋愛行動はどのようなものでしょうか。今回は、スゴレン男性読者の意見を参考に、「男性が思わずニヤけてしまう『初恋のころ』に戻ったような女性からのアプローチ9パターン」を紹介します。







  • 【1】四葉のクローバーを貼ったりしたコテコテのラブレターを送る

    「新鮮で大事にとってきたい」(20代男性)など、メールが当たり前の現代だからこそ、「手紙」に価値を感じる男性は多いようです。「この年になって初めてラブレターを書いた」など特別な存在であることをアピールすると、想いの大きさがより伝わるでしょう。

  • 【2】好きな子にやたらに「結婚しよう」と言い寄る

    「純粋すぎてかわいい」(10代男性)など、自分の気持ちを包み隠さずぶつけてくる天真爛漫さに、男性は「俺を心から好きなんだ」と感じるようです。重い女にならないように「3年後にね」などと考える余地を与えると、男性は安心するかもしれません。

  • 【3】毎日のできごとを報告するメールを送る

    「だんだん彼氏の気分になってくる」(30代男性)など、最初は女性に興味がなくても、その健気な行動が徐々に「気になる存在」へと高めてくれるようです。突然報告メールを止めてみると、「今日は何しているの?」と男性からメールがくるかもしれません。

  • 【4】クラスメイト全員に「○○くんが好き」と言いふらす

    「アイドルになった気分(笑)」(20代男性)など、好意を周りに話して回る女性の姿に、自分への一途な気持ちを感じるようです。また、「一緒に写真撮って!」など「憧れてます」感を出す作戦も、「ここまで俺に魅力を感じてくれる人はいない」と喜ぶかもしれません。

  • 【5】相手の気を引きたくて彼の前でキャピキャピ騒ぐ

    「俺の前だとテンションが上がるところが、不器用だけどかわいい」(20代男性)など、男性は自分に会えて嬉しさを隠し切れない女性の姿を微笑ましく思うようです。ただし、ところ構わず騒ぐと「ウザイ女」になりかねないので、場所をわきまえることを忘れずに。

  • 【6】「よかったら食べて」と手作りのお菓子を渡す

    「中学時代も、手作りのお菓子をもらってキュンとしたな…」(20代男性)など、男性は“手作りのお菓子”に自分への思いを感じて感激するようです。「○○くんはチョコが好きだよね」など男性の好みを配慮したことを伝えると、「お菓子作りが趣味」などの誤解をされることなく、キチンと恋心を伝えられるでしょう。

  • 【7】男性が「好き」と言っているものを調べて会話のネタを作る

    「一生懸命調べてくれたことが嬉しい」(30代男性)など、男性は「どうにか会話したい」と努力する女性のひたむきさにキュンとくるようです。「もっと教えて」など会話に食いつくと、テンションが上がる男性は多いでしょう。

  • 【8】友達に「○○くんのことイケメンて言ってたよ」と伝えてもらう

    「友達づたえって新鮮!」(20代男性)など、“隣のクラスの子”をイメージさせる女性の間接的なアピールに心を打たれるようです。「すっごくタイプ」などさらに付け加えると、「あの子のヒーローになろう」とカッコいい姿を見せたがる男性は多いでしょう。

  • 【9】偶然を装って会えるように彼の行きつけのお店やバイト先によく行く

    「突然に男は弱いんです」(20代男性)など、好きな子と「通学時の電車でバッタリ」のような運命を感じるシチュエーションに心がドキューン! となる男性もいるようです。「同じこと考えてた!」などここぞとばかりにアピールをしてみるのも手かもしれません。

ほかにも「『初恋のころ』に戻ったような女性からのアプローチ」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。