性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛において「好きになったほうが負けだなあ」と感じること9パターン

本来、対等な関係であるカップルでも、二人の間では「どちらが主導権を握るか」という駆け引きが行われているもの。相手に惚れ込んでいるあまり、立場が弱くなってしまうことに悩んでいる女性も多いようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「恋愛において『好きになったほうが負けだなあ』と感じること9パターン」をご紹介します。







  • 【1】相手に話をあわせてしまい、自分の意見が言えない

    「反論して嫌われたくない」(20代女性)など、彼氏の機嫌を損ねたくないために、本心が言えない女性は多いようです。しかし、対等な話し合いができなければ信頼関係は築けません。まずは日常のちょっとした会話から、本音を口にしてみるとよさそうです。

  • 【2】いつも自分からメールを送ってばかりで、相手からは来ない

    「本当に好かれてるのか心配になる」(10代女性)など、いつも自分発信で連絡を取っていると、知らぬ間に主導権を渡してしまうようです。時には彼氏の方からメールが来るまで連絡を取らないなど、いつものパターンを崩してみる試みも有効でしょう。

  • 【3】デートの行き先や食事など、すべて相手の好みを優先してしまう

    「興味のないイベントに付き合わされてばかり」(20代女性)など、あまりデートを楽しめていない女性もいるようです。たまには自分から「○○に行きたい!」と提案するなど、二人で楽しめるデートプランを考えてみるとよさそうです。

  • 【4】相手のスケジュール優先で、自分の予定を崩さないと会えない

    「こっちにも仕事はあるんだけど…」(20代女性)など、相手の都合を優先するあまりに、自分の仕事や学業に支障が出てしまっては困りもの。お互いの予定をキチンと伝えあい、無理のない範囲で融通しあえるようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】ついあれこれ世話を焼き、それが当然と思われて感謝されない

    「いつの間にか相手の部屋の掃除が義務になってた」(20代女性)など、良かれと思ってしてあげた彼氏へのサービスも、感謝されなければ甲斐がありません。「面倒を見てもらって当然」と思っている相手には、同等の要求を突きつけて反省を促してもよさそうです。

  • 【6】深夜などの突然の呼び出しにも応じてしまう

    「都合のいい女扱いっぽくて嫌だなあ」(20代女性)など、都合を配慮しない突然の呼び出しは、一度でも応じてしまうと習慣化するようです。非常識な時間帯の連絡はさりげなく無視して、翌朝「もう寝てたけど、どうしたの?」と折り返すとよいでしょう。

  • 【7】会いたいときに「会いたい」といえない

    「ワガママを言って断られるのが怖い」(20代女性)など、負担に思われるのがイヤで「会いたい」と言えない女性もいるようです。あまりに突然だと迷惑なこともありますが、前日から相手に予定を聞くなど、キチンと手順を踏めば失礼とは思われないでしょう。

  • 【8】相手のお願いを断ることができず、イヤなこともすべて受け入れてしまう

    「本当はイヤでも頑張ってしまう」(20代女性)など、彼氏の頼みごとに対してノーと言えない女性は多いようです。罪のないワガママはともかく、金銭に関わることなどは深刻なトラブルに発展しかねません。自分で判断できない場合は信頼できる友人や親に相談するなど、客観的な意見を聞いてみるとよさそうです。

  • 【9】相手から連絡を待っている間、不安で他のことに手がつかない

    「会いたくて震える」(10代女性)など、恋愛にのめり込むあまり、生活が疎かになる女性もいるようです。しかし、「いつでも彼氏が最優先」という態度は相手に主導権を預けることに繋がります。まずは自分の日常生活を大切にすることを心がけたいものです。

ほかにも、「恋愛において『好きになったほうが負けだなあ』と感じること」があれば教えてください。ご意見をお待ちしてます。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。