性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子に感心される鍋奉行の作法9パターン

合コンやホームパーティーで、鍋が出てきたとき、他の参加者から「いい人ぶってる」と思われるリスクを恐れず、率先して鍋奉行を担当するのが「勇者の選択」です。せっかくの意気込みが空回りしないように、しっかり鍋奉行の作法を知っておきたいものです。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートの結果を参考にして、「女の子に感心される鍋奉行の作法9パターン」をご紹介いたします。







  • 【1】タイミングよく、具材を一種類ずつ丁寧に鍋に入れる。

    「無計画に具をドバッと入れられると腹立つ」(20代女性)など、女性は具を入れるタイミングに厳しく目を光らせているようです。煮えにくい野菜から先に、肉類は後に入れるなど、面倒でも段取りを守ることを心がけましょう。

  • 【2】煮ている間に余計なウンチクを語らず、黙って火加減を調節する。

    「恋愛でも細かいことに気を使ってくれそう」(20代女性)など、火加減の調節具合で男の恋愛力を査定する女性もいるようです。会話に夢中になって強火で煮っぱなしだと、「恋愛でも強気なだけでガサツそう」と思われるかもしれません。鍋も愛情も、吹きこぼれないように注意しましょう。

  • 【3】鍋のふたを空けて、「熱いから気を付けてね」と言う。

    「言われたら胸キュンしそう」(10代女性)など、このセリフに込められた優しさが嬉しいようです。他にも、もしコンロに近い位置に女性がいたら、「その席、暑くない?」と言うなど、常に女性の体感温度に気を配ってあげたいところです。

  • 【4】みんなの好き嫌いを聞いてから取り分ける。

    「食べられない食材を入れられるとキツイ」(20代女性)など、何も聞かずに取り分けると女性には軽い嫌がらせとなってしてしまうことがあります。好き嫌いだけでなく、「いっぱい食べれる?」と聞くなど、お腹の空き具合も気にしてあげると、より一層感心されるでしょう。

  • 【5】女性の服が汚れないように気にする。

    「汁が飛び散るのが気になる」(20代女性)と、服が気になって鍋に身を乗り出せない女性もいるようです。また、おしぼりが汚れていたら代わりを頼んであげるなど、女性の「キレイ」を守るのも隠れた鍋奉行の仕事だと心がけましょう。

  • 【6】「肉も煮えてるよ」と女性に肉を勧める。

    「女性は自ら肉にがっつけないから」(10代女性)と、肉を勧めてくれる鍋奉行に感心する女性もいるようです。強引に勧めるとウザいだけなので、ひとこと「煮えてるよ」と言ってあげれば十分でしょう。

  • 【7】さりげなく、アクを取る。

    「アクを取らないのは鍋奉行失格!」(20代女性)と、アク取りは鍋奉行の必須任務のような認識があるようです。アクを見て見ぬフリをすると、仕事が大ざっぱだと思われる可能性が高いので、こまめに鍋の状態をチェックしましょう。

  • 【8】食べ進むうちに、汁の味加減が変わっていないか気を配る。

    「そもそも男性の味付けは女性には濃すぎることが多いから」(30代女性)と、汁が煮詰まったときに、味加減を気にしてあげると喜ぶ女性もいるようです。ただし、独断で水を入れて味を薄めたりせずに、他の参加者に意見を聞いてから判断すると良いでしょう。

  • 【9】絶妙なタイミングで締めの雑炊やうどんを作り始める。

    「焦って早めに締めを作られても、冷めて不味くなる」(20代女性)と、締めの雑炊やうどんを作るタイミングを重視している女性もいるようです。女性の食べるペースを見計らって、独りよがりにならないタイミングで作り始めましょう。

女の子に感心される鍋奉行の作法には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。