性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛相談中、「そんなんで彼女できるわけないじゃん!」と女友達をイラつかせる発言9パターン

女心を知っている友達の力をうまく借りれば、恋愛はきっとうまくいくでしょう。でも、相談の仕方によっては、女友達をイラッとさせるだけで協力してもらえない恐れも。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、相談中のどんな発言にイラッとするのか、本音を教えてもらいました。







  • 【1】「どこに行けばいいかわからない」と言ってデートプランを丸投げにする

    「なんでわたしがイチから考えないといけないわけ?」(20代女性)というように、自分の考えがまるでない男性は、女友達をイラつかせてしまうようです。行先について意見を求めるなら、「僕はこうしようと思っているんだけど」と考えを述べてからにしたほうがいいでしょう。

  • 【2】「連絡こなくて…怒らせちゃったのかな?」とオロオロする

    「これが私の彼氏だったらいややわー」(10代女性)というように、すぐに動揺する男性の気の小ささに嫌気がさす女の子は多いようです。動揺する気持ちを抑え、冷静に、客観的に相談したほうが、女友達も落ち着いて話を聞いてくれるでしょう。

  • 【3】「メールしても返ってこない。なんでかな?」など、明らかに見込み薄なのに自覚がない

    「『気がないから…』なんて言えないでしょ?」(20代女性)というように、男性が「脈なし」だとまるで気づいていないとき、相談相手の女の子は困ってしまうようです。女の子に「傷つかないから何でも正直に言って」などと前置きしておけば、ズバズバ意見してくれるでしょう。

  • 【4】「どうせ俺とは釣り合わないよな」などと卑屈になる

    「後ろ向きすぎてウンザリ。それとも甘えてる?」(20代女性)というように、ウジウジしている様子が続くと、相談されている女の子まで腹が立ってくるようです。あきらめ半分ではなく、付き合うにはどうしたらいいのか、前向きに考えながら相談したほうが相談相手もアドバイスしやすいでしょう。

  • 【5】「告白された俺はどうすべき?」など、少し自慢が入っている

    「他の女にも同じ質問してそう。ちょっとドヤ顔で」(10代女性)というように、男性からの「告白された」という相談はただの自慢に聞こえてしまうようです。女の子の告白に対しての答えは、自分で考え、決断するようにしましょう。

  • 【6】「女ってめんどくさいよなー」と女性そのものを非難する

    「お忘れのようですが、私も女です」(20代女性)というように、女友達は男性から自分まで含めて非難されたようで気分を害してしまうようです。「女はめんどくさい」などの否定的な言葉は、話を聞いてくれている女の子の前では「女心は難しい」と言いかえるなどの工夫をしたほうがよさそうです。

  • 【7】「ぼくはそうは思わないけど」と女の子の意見を素直に聞かない

    「じゃあ、自分が思う通りにやれば!」(10代女性)というように、せっかくしたアドバイスを男性から頭ごなしに否定されイラッとしてしまう女の子もいます。相談中は「でも」「だけど」などの言葉を挟まず、女友達の意見に耳を傾けましょう。

  • 【8】「傷つくのがいやなんだよ」などと言ってひたすら告白を渋る

    「告白しなきゃ終わんないじゃん…」(10代女性)というように、「うまくいく」と太鼓判を押しているのに、相談してきた男性が何度も告白を渋ると面倒くさくなるようです。相談相手の女の子のお墨付きを受け止め、告白する勇気を振り絞りましょう。

  • 【9】「あの子の過去を教えてくれる?」などと、女の子の恋愛遍歴をやたら気にしている

    「その情報いる? 普通、人の過去をぺラペラしゃべると思う?」(20代女性)というように、しつように気になる女の子の過去を探ろうとすると、相談相手から人間性を疑われることもあるようです。女友達から「元カレにまで嫉妬する男」と誤解されては元も子もないので、過去にこだわるのはやめたほうがいいかもしれません。

ほかには、どんな相談が女の子をイラつかせてしまうと思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。