性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性が心底どうでもいいと思っている、女性のファッション・コスメ相談9パターン

男友達や彼氏に相談したファッションやコスメのお悩み。異性の意見を聞きたかっただけなのに、素っ気ない返事で会話がギクシャクした覚えはありませんか? 男性に対してこの手の話はNGなのかも知れません。そこで『スゴレン』男性読者に聞いた「男性が心底どうでもいいと思っている、女性のファッション・コスメ相談」を紹介します。







  • 【1】「前髪切ろうかなあ。どう思う?」

    「切ったら切ったで『切りすぎじゃない?』って相談される」(20代男性)といった、前髪のお悩みです。かつて前髪があった時代があればその時の写真や、ウィッグやヘアアレンジで前髪を作るなど、実際に見せてあげるとイメージできてコメントがしやすいかもしれません。

  • 【2】「あのバッグすごく欲しいんだけど、高くて迷う」

    「何十万円もするバッグを買うなんて信じられない」(20代男性)、「欲しいなら買えば?」(10代男性)といった、バッグや財布のお悩みです。創業から続くモノづくりへのこだわりや作りの良さといった、男性が好きな「ブランドの背景」を一緒に語ると、共感してくれるかもしれません。

  • 【3】「次はどんなネイルにしようかなあ」

    「ネイルなんて男はほとんど見ていないのに」(30代男性)といった、ネイルのお悩みです。男性の腕時計同様、女性の自己満足アイテムであるのがネイル。男性からは逆に「どんなネイルが嫌い」とNGパターンをリサーチするとどんどん意見が出てくる可能性があります。

  • 【4】「また新しくピアスの穴をあけようかなあ。どうしよう」

    「もう何個もあいている人だと『好きにすれば?』と思う」(20代男性)といった、ピアスのお悩みです。ただし中にはピアスが好みではない男性もいますので、まだひとつもあけていない人は、彼氏や男友達にヒアリングした方が無難かもしれません。

  • 【5】「どっちの服が似合うと思う?」

    「微妙な違いの服だと答えに困ります」(20代男性)といった、洋服のお悩みです。人間はいきなり細かい違いを判別することはできません。最初は「こっちのパンツかこのスカートか」といった大まかな好みから聞いて、だんだん細分化していくと答えやすいでしょう。

  • 【6】「髪の毛のカラー、何色がいいと思う?」

    「黒髪のままでいいと思う…」(10代男性)、「プリンじゃなければ」(20代男性)といった、髪の毛のカラーのお悩みです。髪色は実際にイメージを見せた方がコメントしやすいもの。スマホ上で髪型や色が変えられるアプリなどを利用すると面白がってくれるでしょう。

  • 【7】「香水はどんな匂いが好き?」

    「好きな匂いはあるけど、表現するためのボキャブラリーや知識をもちあわせていません」(30代男性)といった、香水のお悩みです。本気でアドバイスがほしいなら、売り場で一緒にサンプルを試すと良いでしょう。恋人未満の相手とは、そこで手に振りかけた香水を嗅いでもらうなど距離を縮める口実にできるかもしれません。

  • 【8】「もうちょっと痩せた方がいいと思う?」

    「彼女に『今のままでいいよ』と言ってるのに納得しない」(20代男性)といった、体重や体型のお悩みです。その言葉を信じてダイエットをさぼっていると、突然やってくるのは「最近やばくない?」という最後通告。男性の甘い評価は油断大敵です。

  • 【9】「下着は何色をつけてほしい?」

    「意外とこだわりがないので困る」(20代男性)といった、下着のお悩みです。彼氏を喜ばせようとして相談したものの、「別に…」などと言われては白けてしまいがち。かえって相談せずにいつもと違う下着を購入して、意外性を狙う方が彼氏をドキッとさせられるでしょう。

「男性が心底どうでもいいと思っている、女性のファッション・コスメ相談」にはほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。