性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウザい人から学ぶ第一印象に関する失敗教訓9パターン

入学や入社、人事異動による転勤など自分の身の回りに環境変化が起こる季節において、「どのような第一印象を与えるか?」が大きなテーマとなります。特に、新しい環境変化で一目惚れした女の子に対しては、最悪な第一印象になってしまうことは避けたいものです。今回は、最悪な第一印象を避けるために「ウザい人から学ぶ第一印象に関する失敗教訓9パターン」をご紹介させて頂きます。







  • 【1】最初からタメ語で話をする人。 

    初対面での印象は重要です。最低限の礼儀は必要となります。初対面での印象を良くするためにも、最初は敬語で話したいものです。自分自身が敬語での会話 を苦手と感じていても、相手の考え方は分かりません。まずは最低限度失礼のないように敬語で話しかけることが得策だと考えられます。

  • 【2】人の話を聞かない。

    自分のことを分かって貰いたいために、自分の話を中心にしたがるパターンです。自分の話ばかりでは嫌われる可能性があるので、まずは相手のことを知ることができるように、相手の話を聞くことを意識する必要がありそうです。

  • 【3】有名人・著名人との繋がりを強調する。

    自分の「スゴさ」を分かって貰いたいために、自慢話をしてしまう人がいます。しかし、相手が話に興味を持っていなければ 、相手に自分の話を受け入れて貰えません。まずは、自分の話は控え目にし、相手に聞かれたタイミングで答えても良いかもしれません。

  • 【4】女の子に対して「イイ男、紹介してやるよ。」と上から目線なコメントをする。

    彼氏がいないと知るや否や、 「イイ男、紹介してやるよ。」と押し付けるパターンです。頼れる男を演出するつもりでも、相手の女の子が求めていない場合は、単なるお節介な存在となってしまいます。

  • 【5】挨拶の直後に、恋人の有無を確認する。

    挨拶してすぐに「彼氏いるの?」と聞き、ウザい男のレッテルを張られるパターンです。ストレートに聞くことは男らしいと多少は評価できるのですが、挨拶の直後に彼氏の有無を 確認した場合、彼女候補を品定めしているような印象を与えることになります。

  • 【6】「もっと、明るく話せよ。」などと初対面なのにアドバイスする。

    相手に対するアドバイスは、相手が聞きたい、教えてほしいと心から思っている相手のみに有効です。人は自分の聞きたいことしか耳に入りません。初対面の挨拶で、アドバイスしても相手を不快にさせるだけなので、注意が必要です。

  • 【7】遊びの約束などを安易に取り付ける。そして、実現しない。

    仲良くなろうと一生懸命になる気持ちは分かりますが、「できない約束」は止めておきましょう。第一印象で「信用のない男だ。」と思われてしまっては、その後の関係にも支障をきたす可能性があります。

  • 【8】同じ年だった 瞬間に馴れ馴れしく接する。

    最初は敬語で丁寧に接していたにも関わらず、同じ年齢だと判明した瞬間に、手のひらを返したようにフレンドリーになるパターンです。態度が極端に変わった場合、相手に違和感を与える可能性があるので、注意が必要でしょう。

  • 【9】初対面なのに相手を批判したり、バカにする。

    初対面にも関わらず、相手の趣味や考えなどを真っ向から批判したり、バカにするパターンです。恐らく相手には色々な背景があるので、安易な批判は避けた方が賢明でしょう。

みなさんはこれまでどのような「初対面でウザイ人」に遭遇したでしょうか。みなさんのご意見、お待ちしております。
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。