性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏を叱りたくなるシチュエーション8パターン

たとえどんなに優しい彼女であっても、彼氏の目に余る態度に叱りたくなる瞬間もあるようです。では一体、どのようなシチュエーションで女性は彼氏を叱りたくなるのでしょうか。そこで今回、「彼氏を叱りたくなるシチュエーション8パターン」を紹介させていただきます。







  • 【1】食事の作法がだらしなかった。

    食べながらしゃべる、肘をつきながら食事をするなどのマナー違反をしたパターンです。食事中のだらしない作法は、一緒にいる彼女を不快にさせます。彼女への最低限の思いやりとして、食事中のマナーは守りたいものです。

  • 【2】折角のデートにだらしない格好で登場された。

    だらしない格好は、周りからの視線を集め、彼女自身も恥ずかしくなります。「私の彼氏ならもうちょっと見栄えのいい服を着てよ!私が恥ずかしいから!」などと叱られる前に、自分自身で身だしなみをチェックして、彼女に恥をかかせないように注意したいものです。

  • 【3】友達がいる前で、自分の文句を言われた。

    友達と一緒に、しゃべっているとき、彼女の文句を言い、彼女を傷つけるパターンです。彼女に対する文句は、友達の前で言うのではなく、二人きりのときに伝えるべきでしょう。友達の前では、彼女を褒めるくらいの器量があると好ましいでしょう。

  • 【4】いつまでも長ったらしくネチネチと説教された。

    彼女に対して、長時間にわたり説教をしたシチュエーションです。彼女が悪かったとはいえ、長時間にわたりネチネチと説教した場合、怒られている立場の彼女であっても、「男だったら、ドーンと構えろ!」と叱りたくなるものです。できるだけ短時間で叱り、あとは清々しく接する余裕があると好ましいでしょう。

  • 【5】自分自身の親について悪口を言った。

    男性自身の親について、強く批判しているのを彼女が聞いたシチュエーションです。年齢を重ねるにつれて、親に感謝する心が求められるものです。親を批判する前に、自らの行動を省みる心がけがあると、彼女もほっとすることでしょう。

  • 【6】自分からデートに誘っておいて、連絡が滞った。

    連絡が滞り、彼女に叱られるパターンです。デートの日程調整については、彼女の都合もあるので、できるだけ早い返答が求められます。日程に関するメールについては、できるだけ早いレスポンスを心がけることで、彼女も調整しやすくなり、喜んでもらえるでしょう。

  • 【7】長時間にわたり、泣きながら愚痴り続けた。

    人間にとって、ときに愚痴ることは必要なことです。しかし、その愚痴が、あまりに長時間だった場合には、彼女もウンザリして、「男なのだから、シャキッとしなさい!」と叱りたくなります。長時間の愚痴は避けた方が良いでしょう。

  • 【8】将来の話をしているとき、ハッキリ答えずにごまかした。

    結婚に対する考えなど、真剣に将来の話をしているときにハッキリ答えない場合、「ごまかさないで!」と彼女に叱られる可能性があります。耳の痛い話、決断の難しい話であったとしても、まずは彼女と向き合う必要があるでしょう。

実際に彼女に叱られた項目はあったでしょうか。恐らく彼女も叱りたくて叱っているのではなく、自分の彼氏には素敵な人でいて欲しいからこそ叱るのでしょう。また、みなさんが彼女に叱られたシチュエーションは、他にもあるのではないでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。