性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いくら若いからといっても、それはありえないぞ!」と男性がイラッとする女性の甘えた行動9パターン

男性の特性として「年下女性に甘えられると嬉しい」という話はよく聞きますが、場合によっては喜ぶどころか眉をひそめてしまうこともあるようです。それは一体どのような状況なのでしょうか。今回は『スゴレン』の男性読者の意見を参考に「『いくら若いからといっても、それはありえないぞ!』と男性がイラッとする女性の甘えた行動9パターン」を紹介します。







  • 【1】ミスをしたときにきちんと謝らず「テヘっ」と笑ってごまかす

    「なめてんの? とイラつく」(30代男性)など失敗したとき反省の色がない女性の行動は、「真剣に取り組んでない」と男性にあきれられるようです。気心知れた仲でも、仕事においては責任感を持って、メリハリある態度を心がけたほうがよいでしょう。

  • 【2】気に入らないことがあると大声で「いやだー」と駄々をこねる

    一緒にいるのが恥ずかしい!」(20代男性)など、理性のない子どもじみた女性の姿を見て呆れてしまう男性もいます。気に入らないことがあっても、不満な気持ちを冷静に伝えることが「大人のたしなみ」なのではないでしょうか。

  • 【3】時間にルーズで平気で遅刻をしてくる

    「だらしない印象」(20代男性)など遅れた挙句、悪びれる様子もなくいい加減な行動をする女性に男性は怒りを覚えるようです。遅れてしまった場合はせめて「お詫びに今日のゴハンご馳走します!」など謝意を表すことは忘れずに。

  • 【4】何を聞いても「うーん…」とハキハキした返答ができない

    「主体性がないのはただの子ども」(30代男性)など、自分がない女性に、何でもかんでも手を差し伸べないといけないのかと心が萎えてしまう男性もいます。自己主張が苦手な女性は、男性に気を使わせないよう「私、決められないのでおまかせします」という最低限の意思表示をすることをおすすめします。

  • 【5】職場で上司に対して「お願いしまぁーす!」など友達感覚で接している

    「何でも許されると思うな」(20代男性)というように、目上の人に対して敬意を示さない女性の無礼さにイラつく男性も多いようです。いくら上司や先輩が優しく接してくれていても、つねに立場をわきまえた行動をとるべきでしょう。

  • 【6】自分のことを下の名前で呼ぶ

    「幼稚園児じゃないんだから」(20代男性)というように、女性が一人称を名前で呼ぶのは、ぶりっ子過ぎてサムイと嫌悪感を抱く男性もいます。社会人ならば、幼稚な人だと判断される危険があるので、たとえ呑み会など砕けた席でも下の名前で呼ぶことは避けたほうがよいでしょう。

  • 【7】「うぇーん」とマンガのような泣き方をする

    「むしろ大丈夫かなと心配になる」(20代男性)などギャグかと思うような大げさな姿に男性はドン引きするようです。大声で泣くことも男性を困らせるので、人前で泣くことは御法度だと肝に銘じましょう。

  • 【8】何かあるとすぐに「ママに聞いてみる」と親離れができていない

    「いつから自分の意思で動けるようになるんだろう」(20代男性)など、親の言いなりで行動する自立心のない女性は、男性から見て心配なようです。たとえ母親が厳しい場合でも、親の判断をあおぐつもりでいることは周囲には黙っておくほうが得策でしょう。

  • 【9】彼女でもないのに「これ買ってー」とモノをねだってくる

    「かわいらしくねだられても困るし」(30代男性)など、軽々しく男性におねだりする女性は人間性を疑うという男性もいるようです。たとえ小銭で買えるお菓子程度のものでも、他人に物をねだるのは賎しい行為だと思っておいたほうがよさそうです。

たとえ若い女性でも、「きちんと立場をわきまえている行動かどうか」は重要視される要素のようです。「かわいいでしょ」といわんばかりに甘えるよりは「きちんとやることはやる」という姿勢を持つことを忘れずに。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。