性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言わないで!彼氏の不安をあおる遠距離恋愛中の禁句9パターン

相手の存在を身近に感じることができない遠距離恋愛中は、ちょっとした言葉がきっかけで関係に亀裂が生じやすいもの。それだけに、彼氏を不安にさせる一言は慎みたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「言わないで!彼氏の不安をあおる遠距離恋愛中の禁句」をご紹介します。







  • 【1】「職場の先輩がいい人で…」と身近に親切な男性が現れたことに触れる

    「ほかの男の影って、なんでもない相手でもやっぱり脅威に感じる」(20代男性)というように、「親しい男性」の存在を聞かされて動揺するパターンです。やましいことは一切ないとしても、やきもち焼きの彼氏には、わざわざ存在を明かす必要はないでしょう。

  • 【2】「ちょっと返信するのを忘れていて」とバカ正直に連絡忘れの理由を話す

    「それって僕の存在を軽くみている証拠では?と悲しくなる」(10代男性)というように、返信を忘れた挙句、言い訳すらしないのでは、彼氏を傷つけてしまうかもしれません。相手の気持ちを尊重するなら、「ずっと返信しようと思っていたけど」などと反省の気持ちを示しましょう。

  • 【3】「へー、そうなんだー。ところでさ」と彼氏の話に無関心なリアクションをする

    「話したいことが一杯あるのに…って感じです」(20代男性)というように、彼氏の話に興味がなさそうな態度を見せるのもまずそうです。離れているからこそ、相手の言葉にはきちんと耳を傾けたいものです。

  • 【4】「飲み会に誘われているんだけど」と合コン疑惑を抱かれかねない話題を出す

    「あらためて許可を求められると、なんか心配になります」(20代男性)というように、お酒が入るイベントの話は、彼氏を必要以上に心配させてしまうようです。合コンではなく、会社の集まりや友達同士の飲み会なら、趣旨をはっきり伝えたほうがよさそうです。

  • 【5】「最近、残業続きで」と連絡無精を仕事のせいにする

    「忙しいのは分かるけど、LINEくらい返せるはずだと思います」(20代男性)というように、マメに連絡できないことを仕事のせいにするのも、いい心証を与えないようです。LINEなら、スタンプに一言添えるだけでもいいので、なるべく早く何かしらのリアクションを見せてあげましょう。

  • 【6】「会うの1回お休みにしない?」とデート延期の提案をする

    「なんか用事があるのかもしれないけど…単純にショックですよね」(20代男性)というように、デートのキャンセルを申し出る場合は、伝え方に注意が必要そうです。「ホントに会いたいけど…」としきりに残念がってから、心を込めて謝りましょう。

  • 【7】「上司が超クソで…」とせっかくの電話なのに愚痴ばかりぶつける

    「会社への不満を一方的に聞かされて、甘いムードはどこへやら…」(20代男性)というように、電話でネガティブな話題を吐き出しすぎるのも、思いやりに欠ける行為かもしれません。二人がつながっているその瞬間を大事にすべきでしょう。

  • 【8】「浮気してないでしょうね?」と根拠もないのに疑いをかける

    「そう言われても証明しようがない。『してる?』『してない』の堂々巡りですよね」(20代男性)というように、やみくもにほかの女性の影を疑うのも、悪循環しか生まないようです。決定的な証拠をつかんでいるわけではないのなら、彼氏のことを信じましょう。

  • 【9】「遠距離を続ける自信がない」と二人の現状に疑問符をつける

    「離れていることはどうしようもないのに、それを拒絶されてしまっては話にならない」(20代男性)というように、遠距離恋愛を否定的に捉える一言は、彼氏の気持ちをどん底に突き落としてしまうようです。不安な気持ちがどんどん大きくなってしまうようなら、思い切って会いに行ってしまったほうがいいかもしれません。

二人が離れているときこそ、言葉選びは慎重にしたいもの。いつかぴったりと寄り添って笑い合える日を目指して、前向きに過ごしていきたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。