性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私って、嫉妬深いなぁー…」と実感する瞬間9パターン

彼氏を想う気持ちが強いほど、その裏返しの「嫉妬心」が強く生まれることも、女性を悩ます恋愛の難しさです。それでは、女性が感情をコントロールできないほど深い嫉妬を覚える瞬間には、どんなケースがあるのでしょうか。オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「『私って、嫉妬深いなぁー…』と実感する瞬間9パターン」をご紹介します。







  • 【1】女友達から彼氏の昔話を聞かされたとき。

    「自分の知らない彼氏の一面を聞かされると嫌な気分になる」(20代女性)など、友人であっても、自分以外の女性が彼氏について語るのが嫌いな女性は多いようです。自分と出会う前の時代があるのは当然のこと、と割り切る心構えが重要かもしれません。

  • 【2】彼氏の過去をネット上の日記などで探ってしまうとき。

    「SNSとかで彼氏の古い日記を見て、コメントしている女性に嫉妬してしまう」(20代女性)など、ネット上に残っている彼氏の日記を密かに読み込んでしまうケースです。想像の中で嫉妬心が膨れ上がってしまう可能性があるので、避けたい行動でしょう。

  • 【3】元カノの想像が頭の中でどんどん膨らんでくるとき。

    「どんな人だったんだろう…と考え始めると止まらなくなる」(10代女性)など、彼氏の元カノという存在を重く考えてしまう女性は多いようです。過去にとらわれすぎず、今の自分を最大限に魅力的にする努力をした方が建設的でしょう。

  • 【4】彼氏が姉や妹と仲良くしているのが面白くないとき。

    「彼氏がシスコン気味なのか、妹との仲が異常にいい気がする」(20代女性)など、彼氏の家族関係に嫉妬してしまうパターンです。デートより家族との予定を優先されるなど、明らかに納得できない場合は直接不満をぶつけた方がよさそうです。

  • 【5】自分よりも男友達との約束を優先されたとき。

    「私とのデートを断って男友達と遊びに行く話を聞くと、『もっと構ってよ!』と思う」(20代女性)など、彼氏の男友達に嫉妬するケースです。男同士の付き合いがあることも理解しつつ、埋め合わせのデートを要求するなど、自分の中でバランスをとるとよいでしょう。

  • 【6】2次元キャラが嫉妬の対象になったとき。

    「彼氏がアニメのキャラを『かわいい!』とベタ褒めしていると、絵だと分かっていてもイライラする」(10代女性)など、2次元の存在であっても、彼氏が別の女性に熱中するのは不愉快なものです。同じように自分を褒めてほしいとお願いしてもよいでしょう。

  • 【7】仕事上の接待などで女性にいる店に飲みに行くのが許せないとき。

    「仕事とはいえ、女性と楽しくお酒を飲んでいると思うと腹が立つ」(20代女性)など、スナックやキャバクラなどのお店に行くのが許せないケースです。仕事上の付き合いではやむを得ない部分もありますが、プライベートならば当然の反応かもしれません。

  • 【8】彼氏の携帯をチェックしてしまったとき。

    「彼氏宛のメールが来るだけで誰からか気になってしまう…」(20代女性)など、一度でも浮気された経験がある女性は、彼氏の携帯をのぞきたくなってしまうようです。どうせなら本人に直接「見せて」と頼むなど、オープンな関係を構築した方がよいでしょう。

  • 【9】美人店員がいる店に行くのをやめさせたとき。

    「近所の美味しいカフェに美人な店員さんが入ったので、彼氏には別の店に行かせてます」(20代女性)など、彼氏を美女に近づけたくないと思うケースです。彼氏の行動を縛りすぎると「束縛が重い」と思われかねないので注意が必要でしょう。

ほかにも、「『私って、嫉妬深いなぁー…』と実感する瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。