性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元カレを忘れられなくなった「別れ際の一言」9パターン

たとえどんな理由があっても、恋人関係に終止符を打つ瞬間はキレイに別れたいもの。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「元カレを忘れられなくなった『別れ際の一言』9パターン」をご紹介します。







  • 【1】「俺なんかよりイイ男がいるよ」と突き放すように言われる

    「反射的に『そんなことないよ!』と思ってしまい、彼が頭から離れない…」(30代女性)など、元カレの謙遜した態度に心を打たれてしまう女の子もいるようです。彼女に未練があるのに別れ話が進んだ場合、思い切って謙遜するのもひとつの手かもしれません。

  • 【2】「今まで付き合った中で一番幸せだった」と最大級の賛辞をされる

    「ここまで思ってくれる人にこれから出会えない気がして…」(20代女性)など、最高の褒め言葉をもらい、元カレを再評価するパターンです。別れの理由がなんであれ、最後に彼女に対して感謝の念を示すのが、大人の男としてのマナーでしょう。

  • 【3】「10年後、お互いフリーだったら結婚しよう」と未来の約束をされる

    「意味のないことだと分かっていても、ずっと気にしちゃう…」(20代女性)など、別れ際の思わせぶりな一言に気持ちを引きずってしまう女の子もいるようです。言われた側の気持ちを想像せずに、このような発言をするのはあまりに無責任。女の子に気を持たせるのは罪な行為だと認識しましょう。

  • 【4】「好きだけど別れよう」と彼女に未練があることを匂わせる

    「こんなこと言われたら嫌いになれない」(20代女性)など、男性の未練たらしい一言にふんぎりがつかなくなるパターンです。キレイに別れようとする男のズルさを感じさせますが、彼女を傷つけないための配慮あるセリフとも言えるでしょう。

  • 【5】いつも「好き」と言わないくせに「世界中で一番好きだったよ」と最後に言われる

    「最後の最後にこれはズルい…」(20代女性)など、これまで見せていたキャラとのギャップにグラッとくるパターンです。別れ際に「このセリフをもう二度と聞けないのか…」と思ってもらうことが、彼女に別れを惜しんでもらうポイントになるのかもしれません。

  • 【6】「別れても仲良くしようね」と関係を続けたがる

    「たまには連絡しようと思っちゃう…」(10代女性)など、関係を続けようという提案に元カレへの気持ちを断ち切れなくなる女の子もいるようです。彼女が自分に対して未練があると感じた場合は口にするのを控えましょう。

  • 【7】「最後だから」とギュッと抱きしめられる

    「抱かれた瞬間、思い出が次々と頭に浮かんできちゃって…」(20代女性)など、別れ際に感動的な演出を持ち込まれたため、引きずってしまうパターンです。自分がスッキリするためにこんな行為に及ぶのは彼女に対して失礼です。彼女のことを思うなら、気を持たせるような態度は控えたほうがいいでしょう。

  • 【8】「俺たち合わなかったのかも」と軽く後悔される

    「捨て台詞を吐かれたのはツラいな…」(20代女性)など、別れ際に傷つけられた心が癒されないパターンです。恋人同士で、なにからなにまで合う関係なんて、まずあり得ないもの。すれ違うことが多かったとしても、最後くらい二人の息が合った過去を思い返すのが、キレイな別れかたといえるのではないでしょうか。

  • 【9】「二人の思い出の場所はこれから誰とも行かないから」と「特別な女扱い」される

    「ずっと相手の心の中に私は残るんだと思って嬉しかった」(30代女性)など、特別な元カノ扱いに心を打たれる女の子もいるようです。ただし、新しい彼女に対して、昔の思い出を語るのはNG。元カノとの間に越えられない壁があると思われたら、関係にヒビが入りかねないでしょう。

このほかに女の子から「別れた彼氏を忘れられなくなったラストシーン」を聞いたことはありますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。