性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学で「あえてサークルに入らない男子」がモテる理由9パターン

大学で出会いを増やしたければ、何らかのサークルに入るのが手っ取り早い方法でしょう。しかし演出次第では、少数派の「無所属」のほうが、恋愛チャンスに恵まれる場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性148名に聞いたアンケートを参考に「大学で『あえてサークルに入らない男子』がモテる理由」をご紹介いたします。







  • 【1】自由な時間が多く、デートの約束をしやすいから

    「練習や試合で忙しいわけでもないし、女子の予定に合わせられるのが強み」(10代男性)というように、とにかく時間に余裕があるのがメリットだとする意見です。女子から「誘いやすい」と思われるように、日頃から暇人キャラをアピールしておきましょう。

  • 【2】サークルでの人間関係に縛られず、マイペースで生きられるから

    「集団行動を避ける『クールな一匹狼キャラ』でやってます(笑)」(20代男性)というように、馴れ合いを好まないスタイルで女子を魅了する人もいます。校内のベンチで昼寝をするなど、堂々とした単独行動で女子の注目を集めたいところです。

  • 【3】飲み会の強制参加などの出費がなく、髪型やファッションに投資できるから

    「サークル男子にヴィジュアルで差をつけられるはず」(20代男性)というように、持て余した時間とお金を自分磨きに費やせば、女子の気を引く「見た目」を手に入れられるかもしれません。とことんこだわって個性派ファッションを貫くと、なおさらキャンパスで目立てるのではないでしょうか。

  • 【4】バイトに励んで稼げるため、リッチなデートに誘えるから

    「お金に余裕があれば大人に見られる」(10代男性)というように、サークルの代わりにバイトを頑張ると、経済力で女子をときめかすことも可能になりそうです。いち早く免許を取ってマイカーを購入すれば、周囲を一歩リードできるでしょう。

  • 【5】女子から「チャラくない人」だと思われやすいから

    「ムダに女子慣れしていないから、安心してもらえる」(20代男性)というように、何かとコンパが多いサークルと縁がないため、「硬派なイメージを保てる」と考える人もいます。「一気飲みとか子どもだな」などと学生ノリを否定する発言で、大人アピールをしたいところです。

  • 【6】勉強に集中できるため、テスト期間に輝けるから

    「地道に授業に出席してノートをとっておけば、多数の女子に『貸し』を作れる」(10代男性)など、真面目キャラとして頼りにされることを狙う作戦もあります。便利屋扱いされても嫌な顔をせず、快く応じて株を上げましょう。

  • 【7】カラオケやスノーボードなど、モテる趣味を習得しやすいから

    「暇だからあらゆる遊びに精通することができる」(20代男性)というように、幅広い特技を身につけて効率よくモテにつなげる男性もいます。スポーツ系とアート系の趣味をバランスよく楽しんでおけば、多方面の女子と仲良くなることができるでしょう。

  • 【8】自分のイタい情報が出回らないため、女子からの評価が落ちにくいから

    「大きなネットワークから外れているため、ミステリアスな男として認知される」(10代男性)というように、「謎の男子」として振る舞えることもメリットのようです。恋愛トークでは多くを語らないなど、実態がバレないように注意しましょう。

  • 【9】多数派に流されない「芯の強い男では」と期待されやすいから

    「ひとりで生きて行ける強さをアピールできる」(20代男性)など、孤高の存在として一目置かれると、女子ウケもアップしそうです。折に触れて夢を語るなど内に秘めた情熱を見せて、単なる無気力人間だと思われないようにしましょう。

総合的に、個性派を気取りやすいことが「サークルに入らない男」の武器のようです。自分に合った演出を取り入れて、学生生活を一層豊かにしたいものです。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年12月1日から8日まで
対象:合計148名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。