性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この人、デキる!男の株が上がる「雨の日デート」の気遣い9パターン

デート中は、ただでさえ女の子に気を使うのに、悪天候ならなおさらです。しかしその状況を逆手に取って、気遣い上手なところを見せれば、たちまち「デキる男」という印象を与えられるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「この人、デキる!男の株が上がる『雨の日デート』の気遣い」をご紹介します。







  • 【1】「たまには雨も悪くないね」と、待ち合わせから明るいムードを作る

    「この人となら、どんなときでも楽しく過ごせそうだと思いました」(20代女性)というように、雨の日でもとことんデートを楽しむ姿勢をみせると、相手も前向きな姿勢になれるようです。実際はそんなことを思っていなくても、あえて言葉に出せば気分が変わるかもしれません。

  • 【2】「よし、作戦変更だ!」と、天候に合わせてプランを練り直す

    「融通が利く人って、仕事もできそうだし頼りになる」(20代女性)というように、空模様を見てデートプランを変更できる柔軟性も、高く評価されそうです。どんなに入念に下準備したのだとしても、最初のプランにこだわりすぎるのはまずいでしょう。

  • 【3】なるべく濡れずに済むよう、地下道やアーケードを上手に使う

    「下調べがないと、できないことですよね」(20代女性)というように、雨で足元が気になる女の子にとっては、「濡れないルート選び」も喜ばれるようです。あらかじめ数パターンを調べてシミュレーションしておきたいところです。

  • 【4】さりげなく車道側を歩き、飛んでくる泥から女の子を守る

    「ベタなのかもしれないけど、やっぱり優しさを感じます」(10代女性)というように、道路を歩くときに、車道側に回り込んで女の子を内側に導くのはやはり王道のようです。二人で歩くときはいつでもそうありたいものですが、雨で泥はねが気になる道路状況なら、なおさら必須でしょう。

  • 【5】「そこ、突っ込んだら危ないよ!」と水たまりをチェックして注意を促す

    「四方に気を張っているというか、注意力がある証拠ですよね」(10代女性)というように、危険がないか先読みできることも、危機管理能力の高さを思わせるようです。とはいえ、いちいち大げさに騒ぐのも迷惑がられてしまうので、さりげない注意喚起に留めましょう。

  • 【6】必要に応じてタオルやレインコートをさっと差し出す

    「こういうとき準備いい人って、しみじみ有能だなあと思います」(20代女性)というように、相手の分まで雨具を持っておくと、気が利く男をアピールできそうです。じっとり濡れていたりカビ臭がすると逆効果なので、できれば新品を用意しておきましょう。

  • 【7】「大丈夫?寒くない?」と、ときどき体調を気遣う

    「雨降っているだけなのに、ちょっと大げさかなって思うけど、嫌いじゃない(笑)」(20代女性)というように、女の子の様子をうかがうことも、「うれしい気遣い」だと思ってもらえるようです。ただし、あまりに頻繁だとウザがられるおそれがあるので、思い出したときにふっと声をかける程度がいいかもしれません。

  • 【8】缶コーヒーなど、温かい飲み物を絶妙なタイミングで買ってくる

    「外を歩いていると冷えやすいから助かります」(20代女性)というように、体を冷やさないように温かい飲み物を差し出すのも感謝されるようです。コーヒーが苦手な女の子もいるので好みを把握しておきましょう。

  • 【9】無理にデートを続行せず、雨脚が強くなる前にタクシーを呼ぶ

    「車窓から大降りの雨を眺めながら『ナイス判断!』と思いました」(20代女性)というように、ザーザー降りになる前にタクシーに乗り込んでしまう決断力も一目置かれそうです。降り出してからでは大抵つかまらないので、早めに動くに越したことはありません。

デート前日に雨と分かった時点で、心と体とモノの準備をしておくと、スマートな気遣いを発揮できそうです。(外山武史)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。