性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性を花火大会に誘う言い回し5パターン

男性から積極的に誘ってほしい花火大会。でも、思い通りに誘ってもらえず、困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。最終的には、女性から積極的に声をかける状況も想定する必要がありそうです。でも実際には、どのように声をかければ良いのでしょうか。そこで今回は、「男性を花火大会に誘う言い回し5パターン」をご用意させて頂きました。







  • 【1】「花火大会、一緒にいきませんか?」

    ストレートに誘う方法です。「花火に行きたい。」という意思を明確に伝えることができます。

  • 【2】「花火、連れてって。」

    「連れてって。」という言葉を使うことで、男性を頼りにしていることを表現するパターンです。積極的な男性に対して「花火、連れてって。」と言えば、力強く「連れてってやるよ。」と言ってくれるかもしれません。

  • 【3】「花火大会の日、予定入っている?」

    スケジュールを確認し、男性に花火に行きたいことを伝えるパターンです。気遣いのできる男性であれば、「空いているよ。一緒に行こうか。」と誘ってきてくれるかもしれません。

  • 【4】「A花火大会か、B花火大会、どっちか行かない?」

    花火大会を選ばせるパターンです。一緒に行くことを前提として、花火大会を選ばせる質問をすることで、男性に「断る」という選択肢を忘れさせる作戦です。

  • 【5】「そういえば、今日、花火大会らしいけど、行ってみない?」

    「ついで」に花火デートに持ち込むパターンです。デートで盛り上がった「ついで」に誘ってみてはいかがでしょうか。なお、浴衣を着られないことがデメリットとなります。

みなさんは花火大会に誘うとき、どのように誘っているのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。