性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女に対して、「将来、鬼嫁になりそう…」と感じる瞬間9パターン

男性は、彼女といるときに「この人にはかなわない」と感じることがあるようです。では、どのようなときにそう思うのでしょうか。スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「彼女に対して、『将来、鬼嫁になりそう…』と感じる瞬間9パターン」をご紹介します。







  • 【1】口論であっさりと負けてしまったとき

    「完全に相手のペースにはまりそうな感じがしたから」(20代男性)と、口では彼女にはかなわないと思うようです。しかし、たとえケンカ中でも、「てめぇ」や「うるせー」などと男言葉を使われるとドン引きするそうなので、使わないようにしましょう。

  • 【2】ケンカ中、なんのためらいもなくビンタや蹴りをされたとき

    「さからえないと感じた…」(20代男性)と、戦々恐々の声が。彼に対して、なんのためらいもなく立ち向かってくる彼女にたくましさも感じるよう。ただ、暴力が当たり前になると、彼に幻滅されてしまう恐れもあるので、気をつけてください。

  • 【3】買い物デート中、彼女の荷物持ちをさせられたとき

    「結婚しても、ずっと荷物を持たされるのだろうなーと思った」(10代男性)と、情けなくなるようです。彼にばかり頼らず、自分で持てる範囲の荷物は持つほうが、彼の男としての威厳は保ってもらえそうです。

  • 【4】デートで、たまに高価なお店で食事をしようとしても、「もったいない。安くすませよう」と言ってきたとき

    「将来、財布のひもを握られそう」(30代男性)と、彼女の金銭管理に身が引き締まる思いがするよう。ただし、あまり節約にこだわりすぎていると、彼も息がつまってしまうかもしれないので、たまにはプチ贅沢をすると、より節約に協力的になってくれるかもしれません。

  • 【5】自分の趣味に使うお金に、毎月1万円までと制限をかけられたとき

    「その制限に逆らえずに、従っている自分がむなしかった。趣味ぐらい好きにさせてほしい…」(20代男性)とへこんでいる声が聞かれました。趣味に関しては、ある程度目をつぶっておくほうが、彼も生き生きと過ごせるのではないでしょうか。

  • 【6】おごったあとに、「ごちそうさま」「いつもありがとう」などの言葉がないとき

    「なんでも自分がよくされることが当たり前と思っていて、これからもそうしないと怒られる気がする」(20代男性)と、少々、腹を立て気味のようです。おごられた後は、素直にお礼を言うと、彼の腹の虫も治まりそうです。

  • 【7】自分の行動に対して、常に「ああしろ」「こうしろ」と、指示を出してくるとき

    「上目線は、今後も直らないだろうなーと感じた」(30代男性)と、少しおじけづいている意見も。普段から、彼に命令をしたり、上目線の発言をしがちな人は、「○○してくれない?」などのお願いをするクセをつけるといいかもしれません。

  • 【8】彼女と会っていないときの行動をいちいちメールで報告しないといけないとき

    「家庭に入っても、常に行動を把握されそう…」(20代男性)と、ウンザリした声も聞かれました。彼の行動を常に把握したいと思っていても、度を越えると愛想をつかされてしまいかねないので、ほどほどがよいでしょう。

  • 【9】彼女の父親が尻にしかれていることを知ったとき

    「子供は、両親のような関係を居心地のよい関係として好んで、そのような環境を築こうとする気がするから」(30代男性)と、親の背中を見て、子も育つと思っているようです。自分の母親が鬼嫁の場合は、あまり彼にはその話をしないほうがいいかもしれません。

他にも、男性に「彼が尻にひかれていそう…」や「鬼嫁になりそう…」と言われたエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。