性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火大会で女の子を感激させる気遣い9パターン

花火大会は、夏のデートのなかでも、一気に二人の距離が縮められる特別なイベントです。ここぞとばかりにさりげない配慮をみせて、あなたの株を急上昇させてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性225名に聞いたアンケートを参考に「花火大会で女の子を感激させる気遣い9パターン」をご紹介します。







  • 【1】「草履だからゆっくり歩こう」と歩調を合わせる

    「ときどき振り返って『足、痛くない? 大丈夫?』と声をかけてくれた」(20代女性)というように、普段より歩きにくいことを気にかけてくれる様子に、女の子はグッとくるようです。雨上がりであれば、ぬかるみを避けてあげる配慮も喜ばれるでしょう。

  • 【2】「はぐれないように」と人ごみの中で手を引き寄せる

    「手からぬくもりが伝わってきて一気にデート気分が盛り上がった」(10代女性)など、手をつなぐ行為には、迷子防止以上にボディタッチとしての効果も期待できそうです。足元に段差のあるときにさっと手を差し出す反射神経も要求されるでしょう。

  • 【3】「せっかくの浴衣が汚れないように」と敷物をさっと差し出す

    「やけに荷物が多いなと思ったら、アウトドア用の小さな椅子も出てきてビックリ」(20代女性)というように、浴衣姿の女の子をいたわる姿勢は、とりわけポイントが高いようです。敷物に腰を下ろすときのための小さなクッションなども役立つでしょう。

  • 【4】「河原は蚊が多いから」と虫よけスプレーを持参する

    「携帯用の蚊取り線香を焚いてくれて、周りのカップルやファミリーにも喜ばれた」(10代女性)など、アウトドアならではの悩みを解消しようとする心遣いも、好印象を持たれるでしょう。肌への負担が軽い虫よけグッズを研究しておくのも一案です。

  • 【5】「ここが穴場なんだ」と人が知らない絶好スポットを調査しておく

    「地元の知り合いにリサーチしたらしく、最高に眺めのいいポイントに案内してくれた」(10代女性)というように、混雑を避けてゆったりと楽しむための工夫も喜ばれるでしょう。事前に足を運んで調べておけば、ますます確実にいい場所が探せそうです。

  • 【6】「冷たいビールあるよ」と飲み物を準備する

    「浴衣だと巾着しか持てないから、余計に嬉しかった」(20代女性)など、持てる荷物に限りのある女の子の分まで支度を引き受ける姿勢は、女性を素直に感心させるようです。クーラーボックスなどの装備も整えれば、さらに評価は高まるでしょう。

  • 【7】「浴衣で立ち見は疲れるから」と有料の席を予約する

    「おかげで有料観覧席でゆっくりと座って眺められた」(20代女性)というように、あらかじめチケットを取っておく周到さも、高い評価を得られるようです。花火会場の予約席は毎年争奪戦になる場合が多いので、早めの準備を心がけましょう。

  • 【8】「そこから見える?」と身長の違いを気にかける

    「私の目の位置までかがんで、花火が見えるかどうかを確認してくれた!」(10代女性)など、自分より背の低い彼女をいたわる態度も、深い感動を呼びそうです。位置を替わってあげるなど、具体的なアクションで視界を確保してあげるのもよいでしょう。

  • 【9】「夕立があるかもしれないから」と雨具を二人分用意する

    「雨の中でも花火が見えるようにと敢えてのビニール傘(笑)!」(20代女性)というように、天候が変わった場合に備えて雨合羽や傘まで準備できれば万全でしょう。浜辺や川沿いは風が強いこともあるので、雨が降らなくても役立つかもしれません。

浴衣と草履など、女の子が普段と違う装いに身を包む花火大会では、いつもと勝手が違うことも多いでしょう。歩きにくさや動きにくさをうまく察して、スマートにエスコートしてあげたいものです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計225名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。