性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わず告白したくなる、片想い相手からの「ドキッとする言葉」9パターン

気になる女子になかなか想いを伝えられない男子でも、女子のちょっとした一言で勇気が出ることがあるようです。では、どんなセリフが男子の心を奮い立たせるのでしょう。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「思わず告白したくなる、片想い相手からの『ドキッとする言葉』9パターン」を紹介します。







  • 【1】屈託のない表情で「あなたと話しているとほっとする」

    「『この笑顔を自分だけのものにしたい』とキュンとなる」(20代男性)など、男子の保護本能をくすぐり、心を揺さぶるセリフのようです。「ほっとするのは私だけかな?」と付け加えれば、より男子が告白しやすい雰囲気を作れるかもしれません。

  • 【2】気がある素振りで「私、立候補しちゃおうかな?」

    「『ぜっ、ぜひ! 付き合ってください』と勢いで言えそう」(20代男性)というように、逆告白ともとれる女子のセリフに、その場で想いを打ち明けたくなる男子もいます。ただし、内気な男子の場合、「からかわれた」と思うこともあるので、あまり冗談めかして言うのは避けましょう。

  • 【3】真顔で不思議そうに「そんなにステキなのに彼女いないんですか?」

    「婉曲的に好きだと言われてる!」(10代男性)と、女子が自分の魅力に気づいてくれていることがわかり、告白の決心がつく男子もいるようです。それでもまだ照れているようなら、「本当にいないんですか?」と念押しすることで、告白の言葉を引き出せそうです。

  • 【4】少しテンション高めに「自分で気づいてないだけでカッコいいのに」

    「そんなふうに見てくれていたんだ…!」(10代男性)など、思いがけない褒め言葉に、男子はドギマギしてしまうようです。「あなたのことをよく理解している」というニュアンスを強調すれば、男子も「やっぱりこの子だ」と確信を持って想いを告げてくれるでしょう。

  • 【5】母性本能を出しながらの「シャイなところもカワイイー」

    「告白しても、無下には断られない気がする」(10代男性)という安心感から、男子が「好き」と言いやすい一言です。ただし、あまりに上から目線で言うと「子供扱いされた」と逆効果なので、優しい微笑みを絶やさずに言うとよさそうです。

  • 【6】穏やかな表情を浮かべて「いつも一緒にいたら楽しそう」

    「思いっきり好感を持たれている証拠。告白OKの合図だと思う」(10代男性)など、男子が自分に自信を持てるセリフです。優しい笑顔を向けることで「僕もそう思ってたんだ」と自然な流れで付き合いが始まりそうです。

  • 【7】ふたりで過ごしたいとアピールされているような「今年の誕生日もひとりかな…」

    「『僕でよければ』と即、言っちゃう」(10代男性)と、ひとりで過ごす誕生日をなげく女子に、男子が「僕がいるから」と言ってしまいたくなるようです。チラリと相手の目を見た後、寂しそうな表情で伏し目がちに言えば、男子の告白モードにスイッチを入れられるでしょう。

  • 【8】思わせぶりな態度で「私、自分から告白できないから、男性に告白してほしいんだ…」

    「なんか、告白してって言われている?」(20代男性)というように、女子の意味深な言葉に、ドキドキしてしまう男子もいるようです。ただし、鈍感な男性だと「へー」とスルーされてしまう可能性もあるので、恥ずかしそうに言うとよさそうです。

  • 【9】うるんだ瞳で「もう少し…一緒にいたいな」

    「うわっ。可愛過ぎっ」(10代男性)と、男子のテンションが一気に上がり、愛の言葉をささやいてしまいそうな一言です。男子が次の言葉を言わないときには、再度、ゆっくりと見つめて「あなたは?」と聞けば、たまらなくなって告白してくれるかもしれません。

ほかにも「こんな言葉がきっかけで、男子から告白された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。