性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪で寝込んでいる男性に送ると喜ばれるメール9パターン

体調が悪いときは誰しも心細くなるものですが、そんなときに優しく気遣ってくれる女性に対して、ほろりと恋心を抱く男性も少なくありません。ベッドで寝込んでいるときにちょっとしたメールが届くだけでも、男性をしみじみと喜ばせることができるようです。そこで今回は、スゴレン読者の男性へ向けた調査の結果を参考に、「風邪で寝込んでいる男性に送ると喜ばれるメール9パターン」をご紹介します。







  • 【1】「今日どうしたの?見かけなかったけど。」

    学校や職場でよく顔を合わせている男性に対して、休んでいたことを心配するパターンです。「いつも自分のことを気に掛けてくれてるんだな、と感じる」(20代男性)、「自分のことを探してくれたのかな、と想像する」(10代男性)というように、男性の不在を寂しく感じていたことが素直に伝わるようです。

  • 【2】「ゆっくり休んで元気になってね。」

    とにかく風邪を治してね、とストレートに身体を気遣うパターンです。もっとも無難で当たり障りのない一言といえますが、「心配してくれることだけで十分嬉しい」(20代男性)、「治ってからの誘いが来たら尚更嬉しい」(20代男性)というように、まだあまり親しくない男性に対して、距離感を縮める一手として効果がありそうです。

  • 【3】「大丈夫?? 生きてる?」

    親身になって心配している感じをアピールするパターンです。大げさな言葉を使いつつも、フランクに安否を気遣っている印象を与えるため、「素直に心配してくれている気がする」(10代男性)、「相手の元気のよさが伝わってきて、テンションが上がる」(10代男性)というように、友人同士のような関係の男性にも、気軽に送ることができるメリットもあるようです。

  • 【4】「○○さんがいないと仕事回らないよ。早く帰ってきてー!」

    職場やクラスの仲間として、男性が不在で困っていることをアピールするパターンです。一見、体調を心配していない冷たい一言に思えますが、「頼れられている気がして、早く復活せねば!とヤル気が出る」(20代男性)というように、責任感の強い男性にとっては、気持ちを盛り上げる一言になるようです。相手の性格をよく見極めて使うとよさそうです。

  • 【5】「最近、頑張りすぎちゃったんでしょ。ゆっくり休んでね。」

    男性が頑張っていたことを称えつつ、休息を勧めるパターンです。「いつも自分のことを見ていてくれたんだな、という感じがする」(20代男性)、「普段は張り詰めた気持ちで仕事をしているので、『休んでいいよ』と言われるとホッとする」(30代男性)という意見のように、休むことに軽い罪悪感を覚えるような真面目な男性にとっては、「たまには休むことも必要だよね」という一言が大きな安心感を与えるのかもしれません。

  • 【6】「調子はいかがですか?」

    先輩や上司など、立場が上の男性に対して礼儀正しく体調を気遣うパターンです。「意外な相手から送られてくると、やたらと嬉しく感じる」(20代男性)、「慕ってくれていることが伝わる」(30代男性)という意見のように、礼儀正しいお見舞いメールは、どんな関係性の相手にも送れることがメリットです。お互いの立場を超えて、より個人的な人間関係を構築する一歩になるかもしれません。

  • 【7】「顔が見れなくて寂しかったよ。」

    普段から親しく付き合っている男性に対して、会えなくて寂しい、という気持ちをストレートに伝えるパターンです。「俺も寂しいよ!という気持ちになって、早く治したくなる」(10代男性)、「相手にもよるけど、単純にドキッとする」(20代男性)という意見のように、女性から会えなくて寂しいと言われて悪い気がする男性は少ないようです。ただし、あまり親しくない男性にイキナリ送りつけると、不安な気持ちにさせてしまいそうです。相手との距離感はしっかり把握しておきましょう。

  • 【8】「お見舞いに行ってもいいですか?」

    メールでお見舞いに行く約束をするパターンです。「ワザワザ家まで来てくれる気持ちに感動する」(20代男性)、「行動が伴っていると、真剣に気遣われていることが伝わる」(20代男性)という意見のように、言葉だけでなく行動でアピールすることで、真剣味が伝わりやすいようです。先輩や上司といった立場が上の男性に対しても、礼儀正しくアピールしやすいこともポイントかもしれません。

  • 【9】「ちゃんと食べれてる? 看病しにいってあげようか?」

    お見舞いよりも一歩進んだ積極性として、「看病」するアポイントを取るパターンです。「辛いときに家庭的なことを言われるとヤバい」(20代男性)、「実際には来ないとしても、心から感謝したくなる」(20代男性)など、特に一人暮らしの男性は寝込んでいるとロクに食事が取れないケースも多いため、ありがたみが増すようです。ただし、少なくとも自宅を知っている程度には親しい関係の相手でないと、不自然に思われそうです。

ちょっとした優しさと好意を伝える病床へのメールが、男性との関係を一歩進めるきっかけになるかもしれません。ほかにも「風邪で寝込んでいる男性に送ると喜ばれるメール」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。