性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性が「今、彼女が手料理を作ってくれたら幸せだなぁ」と妄想する瞬間9パターン

「男性をとりこにするなら胃袋をつかめ」というように、手料理は代表的なアピール方法の一つ。男性が喜ぶタイミングで手料理を振る舞えたら、アプローチ効果がさらに上がりそうです。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「男性が『今、彼女が手料理を作ってくれたら幸せだなぁ』と妄想する瞬間」を紹介します。







  • 【1】風邪などの病気で寝込んだとき

    「病気のときは温もりを感じたくなる」(30代男性)と、心細いときに、愛情が込められた手料理で彼女の温もりを感じたいと思う男性は多いようです。彼の看病をしに行き、おかゆを作るといった定番シチュエーションは、男性の心に響きやすいといえそうです。

  • 【2】仕事終わりなどで、疲れて家に帰ってきたとき

    「温かいごはんが家で待ってたら、疲れも吹っ飛ぶ!」(20代男性)と、仕事で疲れたときに、男性は彼女の手料理が食べたくなるようです。仕事終わりに、「今日鍋パーティーするんだけど、○○君も来る?」のように誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 【3】誕生日や昇進など、お祝いごとがあるとき

    「特別な日には、やっぱり愛を込めて作ってほしい」(40代男性)と、お祝いごとがあるときこそ、手料理を振る舞ってほしいと思う男性も多いようです。男性の誕生日に手作りケーキを用意すれば、男性がその愛情に気づき、意識してくれるかもしれません。

  • 【4】連日、外食が続いているとき

    「外食続きだと、手料理が食べたくなる」(20代男性)と、外食に飽き、手料理の温もりを欲している男性もいます。意中の男性がいつも外でランチを食べていたら、「よかったらどうですか?」と、手作りのお弁当を渡すのもいいかもしれません。

  • 【5】久々にデートで互いの家に行ったとき

    「一緒に家にいるときは、無意識に手料理を期待しちゃう」(20代男性)と、おうちデートのときに、男性は手料理を期待するようです。男性の家に行く場合は、素材を買っていき、「せっかくだから、ごはん作ろうと思って」と、率先して料理を始めちゃいましょう。

  • 【6】悩み事があり、落ち込んでいるとき

    「彼女の手料理はお腹も心も満たしてくれるから」(20代男性)と、精神的に参っているときに、手料理で癒やしてほしいと思う男性もいます。男性の元気がないときは、「作りすぎちゃって」と手料理を差し入れして、元気づけるのもいいでしょう。

  • 【7】ランチで同僚が彼女の手作り弁当を食べているとき

    「同僚が幸せそうに食べてる姿がうらやましい…」(20代男性)と、人の彼女の手料理を目の当たりにすると、男性はうらやましく感じるようです。同じ場に居合わせたら、「私が作ってきましょうか?」と聞いて、男性をドキッとさせちゃいましょう。

  • 【8】休日の朝、お腹が空いて目が覚めたとき

    「起きたら朝ごはんが用意してあるって、男の理想だと思う」(20代男性)と、台所から聞こえる包丁の音で起きるというシチュエーションに憧れている男性もいます。彼の家にお泊まりしたときに朝ごはんを用意すれば、彼が同棲や結婚を考え始めるかもしれません。

  • 【9】夜中に小腹が空いたのに、家に食べ物がないとき

    「冷蔵庫にあるものでパパッと作ってくれたらうれしいなぁ」(30代男性)と、家にいるときに、不意に手料理が食べたくなる男性もいるようです。いつでも何か作れるように、簡単なおつまみレシピなどを習得しておくと、いざというときに役立つでしょう。

「男性が『今、彼女が手料理を作ってくれたら幸せだなぁ』と妄想する瞬間」は、ほかにどんなものがあると思いますか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。