性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

バイト先の男性を「もしかして恋!?」と意識し始める瞬間9パターン

ふとしたきっかけで、単なる同僚だった男性の言動にドキドキするようになったことはありませんか?もしかするとそれは、恋の始まりなのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「バイト先の男性を『もしかして恋!?』と意識し始める瞬間9パターン」をご紹介します。







  • 【1】「持ってあげるよ」と、さりげなく手を貸してもらったとき

    「なぜか私ばかり助けてくれてた」(10代女性)というように、絶妙なタイミングでさっと手伝ってくれる男性は、それだけあなたのことをよく見ているのかもしれません。相手の真意がわからなくても、とりあえず「ありがとう」と笑顔を向ければ、悪い印象は与えないでしょう。

  • 【2】「あと1時間頑張ろう」と、忙しい時間帯を協力して乗り切ったとき

    「怒涛のランチタイムが終わったとき、自然と目を合わせて笑ってた」(20代女性)というように、困難な状況をともに乗り越えて、達成感とともに一体感が芽生えるパターンです。勢いで「軽く打ち上げしない?」などと誘ってしまえば、一気に関係が進展するかもしれません。

  • 【3】「あれ、今帰り?」と、上がりの時間が一緒になって二人で帰ったとき

    「それ以来、顔を合わせれば話をするようになった」(20代女性)というように、帰り道に話が弾んで互いに関心が高まることもあるでしょう。偶然が重なるようなら、相手があなたのシフトをチェックして上がり時間を合わせている可能性もありそうです。

  • 【4】「ミスは繰り返さなければいいんだよ」と、励まされたとき

    「前向きな気持ちになれた」(10代女性)というように、落ち込んでいるときにかけられたやさしい言葉は、普段よりいっそう心にしみるもの。「さっきはありがとう。元気になれたよ」とお礼を伝えるのを忘れないようにしましょう。

  • 【5】「ここは俺がやっとくから」と、裏方仕事を引き受けてもらったとき

    「黙々と商品を運ぶ社員さんの姿に、なんだかジーンとしてしまった」(20代女性)というように、仕事に打ち込む男性の姿に心をつかまれることもあるでしょう。「おかげでスムーズにできました」などと声掛けすると、自分の存在を意識してもらえるかもしれません。

  • 【6】「女の子が一人で帰るのは危ないから」と、深夜に送ってもらったとき

    「普段は私をからかってばかりの彼が紳士に見えた」(20代女性)というように、レディとして扱ってもらったことが、異性として意識するきっかけになったケースです。「よかった。一人だと怖くて…」などとか弱さをアピールして女の子らしいところを見せつけましょう。

  • 【7】「私が承りますが」などと、酔っぱらった客の相手を代わってもらったとき

    「絡まれてたらすっ飛んできてくれた」(20代女性)というように、困っているところを助けてもらって、男性ががぜん頼もしく見えることもあるでしょう。「あなたがいてくれて心強かった」などとしおらしく伝えれば、さらに「守ってあげたい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【8】「疲れただろ」などと、休憩時にジュースを差し出されたとき

    「グッタリしてるときのフォローはグッときます」(20代女性)というように、細やかに気を配ってくれる男性に、恋の予感をおぼえることもあるようです。次のシフトのときにお返しに缶コーヒーを差し入れれば、もっと親しくなれそうです。

  • 【9】「俺も悪かったんです」などと、仕事の失敗をかばってもらったとき

    「私のオーダーの受け間違いを『先に気づくべきだった』と代わりに謝ってくれた」(10代女性)というように、窮地にいるときに擁護してくれた男性に特別な気持ちを抱くこともあるでしょう。ただし、自分の非はきちんと認めて頭を下げたいところです。

男性のさりげない気遣いやサポート、援護射撃は、彼からの恋のシグナルの可能性も大。かわいくこまめにお礼を言えば、職場恋愛に発展するかもしれません。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは