性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子に痛いと思われる、自称「非モテ」男の特徴9パターン

女の子との距離を縮めたくて「非モテ」を自称する男性は少なくないでしょう。ただ、上手にモテない男を演じているつもりでも、女の子に見抜かれている場合もあるようです。そこで、今回は『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「女子に痛いと思われる自称『非モテ』男の特徴」をご紹介します。







  • 【1】褒められると喜びを噛み締めながら謙遜する

    「『いやー』なんて言いながらニヤニヤしてるとキモい…」(20代女性)など、平静を装っても喜びを抑えているのは筒抜けなようです。むしろ「ありがとう、嬉しいよ!」と素直に口にしたほうが女の子も気持ちがいいでしょう。

  • 【2】「変な人にしか好かれないし…」を口ぐせにしている

    「それ自慢?」(20代女性)など、「好きな人に好かれないから非モテ」という考え方がイヤミに響くパターンです。「ある程度モテるけど、こっちも人を選ぶ」という態度ではなく、「好きな人がいると一途になるから、そんなときにモテても困る」というスタンスのほうが好印象でしょう。

  • 【3】「女の子と話すのが苦手」と言いつつコミュニケーション能力が高い

    「あからさまなウソはヤメてほしい」(20代女性)など、異性と話すことに抵抗がないのに、それを隠そうとすると女の子の信頼を失うようです。謙遜するのであれば、「話すのは苦手じゃないけど、俺の言葉って女の子に響かないみたい…」などと説明するのが無難ではないでしょうか。

  • 【4】平気な顔で回し飲みをしてくる

    「『自分は害のない存在ですよー』とアピールして、距離を詰めてくるのウザい」(10代女性)など、異性を意識させない作戦で懐に飛び込もうとする行為は女性に嫌われるようです。女の子が回し飲みを受け入れてくれても、自分に気を許していると判断しないほうが賢明でしょう。

  • 【5】「どれくらい彼女いないの?」と聞いても、お茶を濁して答えない

    「非モテなら、そこは即答だろ!」(20代女性)など、自称非モテ男性の矛盾に女の子がイラつくパターンです。「彼女はいるけど、周りの女の子にいつでも声をかけられたい」という下心が垣間見えると、即不信感につながるので気をつけましょう。

  • 【6】「私もモテないし、お互いに頑張ろうよ」などと非モテ扱いされると途端に不機嫌になる

    「自分でモテないと言っておいて何?」(30代女性)など、非モテはあくまでポーズで、「実際にモテないと思われたらしゃく」という男性のプライドの高さに引くパターンです。非モテを自称するなら、そのキャラを貫き通す潔さが必要ではないでしょうか。

  • 【7】「特にこだわりはないんだけど…」と言いつつ、髪型や服にめちゃくちゃ気を使う

    「『髪のセットに何時間かかってるんですか?』っていう(笑)」(20代女性)など、ナチュラルさを装う姿勢がかえって滑稽に映るケースです。白を切っても女性に見抜かれるものですが、それ以前に過剰なスタイリングは女性ウケが良くないと覚えておきたいところです。

  • 【8】メールや2人きりの会話では、「好き」を軽く口にする

    「めっちゃ女慣れしてるじゃん…」(20代女性)など、ついチャラい態度が出てしまい、非モテがよそ行き発言だとバレるパターンです。自称非モテ男子が軽いノリで「好き」と言っても、女の子は「私のために勇気を振り絞ってくれたんだ…」とは思わないでしょう。

  • 【9】ちょっと相手にされないと、「俺って魅力ないのかな…」とマイナス思考を発動させる

    「フォローしてほしいんだろうけど、面倒くさい」(20代女性)など、慰めを求める姿勢に女性がうっとうしさを感じるケースです。むやみに落ち込みをアピールしても、ちやほやどころか敬遠されるのがオチでしょう。

あえて『非モテ』ぶる男の特徴はほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。