性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人に彼氏を紹介する前のセリフ9パターン

付き合って間もないタイミングで、新しい彼氏を友人に紹介する機会もあるのではないでしょうか。しかし、紹介する前に「イケメンだよ!」とハードルを上げて、友人に「たいしたことないじゃん。」とは言われたくないもの。ではいったい、友人に紹介する前に、「彼について」どのように伝えれば良いのでしょうか。そこで今回は、「友人に彼氏を紹介する前のセリフ9パターン」を紹介致します。







  • 【1】「全然、カッコ良くないよ!」

    見た目について否定することで、友人の期待を下げるパターンです。ただし、自分の彼氏について批判することになるので、心を痛める恐れがあります。

  • 【2】「想像と違うと思うよ。」

    前から「イケメンがいい!イケメンじゃないと嫌!」と主張し続け、友人に「彼氏はイケメンなんだろうな。」と思われているときの一言です。友人が想像していそうなイメージを事前に壊しておくことで、スムーズに彼氏を紹介できるでしょう。

  • 【3】「今までの彼氏とは雰囲気が違うよ。」

    今まで付き合った彼氏について友人が知っており、さらに歴代の元カレに比べて、見劣りする場合の一言です。「雰囲気が違うよ」というセリフにより、元カレと比較することを避けられるでしょう。

  • 【4】「優しい人だよ。」

    見た目については一切触れず、性格について言及するパターンです。王道とも言える表現でしょう。無難に使える一言です。

  • 【5】「仏のようにできた人だよ。」

    優しさや心の広さについて、「仏」という言葉を使ってわかりやすく表現したパターンです。彼氏の性格に合った表現を見つける必要があります。

  • 【6】「ちょっと変わった人だから。」

    彼氏が変人だった場合に有効です。友人をビックリさせないため、このような事前情報が必要な状況もあるでしょう。

  • 【7】「わたしには合っている人だよ。」

    見た目や性格の善し悪しについて表現しないパターンです。とにかく「わたしに合っている人」ということを自然に伝えた上で、友人に紹介するパターンです。

  • 【8】「わたしが好きになった人だよ。」

    「好きになった人」という事実だけを伝えた上で、友人に紹介するパターンです。どんな彼氏であっても、通用する表現です。

  • 【9】「ぜひ会って欲しいの。」

    恋愛相談に乗っていた友人であれば、テンションが上がる一言です。結果報告を含め、友人に紹介しましょう。

他には彼氏を紹介する前に、どんなセリフを使っているのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。