性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年下の彼氏に友人を紹介されるとき、あまり言ってほしくない言葉9パターン

恋人を自分の友人に引き合わせる際に、紹介の仕方を誤ると恋人を傷つけてしまうようです。では、年上の彼女はどんな言葉にショックを受けるのでしょうか。今回は、『オトメスゴレン』読者へのアンケートを元に、「年下の彼氏に友人を紹介されるとき、あまり言ってほしくない言葉9パターン」を紹介します。







  • 【1】年齢差を必要以上に強調する「もうおばさんなんだけど」

    「一番言ってほしくない言葉のひとつ」(20代女性)と、「おばさん」という言葉にショックを受ける女性は少なくないようです。仲良く交際していても、デリカシーのない発言が一気に女性の気持ちを冷めさせることも。自分が年上であることを気にかけている女性は多いので、年齢差を感じさせる発言は慎んだほうがよさそうです。

  • 【2】親代わりになったつもりはないのに…と思う「俺の保護者」

    「恋人じゃなくて『お母さん』扱い…」(20代女性)と、親扱いされるのを嫌がる女性は多いようです。本当に頼れる彼女だとしても、友人の前では対等な関係であることをアピールしたほうがいいかもしれません。

  • 【3】年上彼女をゲットしたことを自慢しているようで引く「こいつ、俺のオンナ」

    「所有物のように言わないで」(20代女性)のように、格好つけようとする姿勢が、女性には鼻につくようです。彼女に嫌な思いをさせないためにも、せめて名前とともに「俺の彼女」と普通に紹介してあげてはいかがでしょうか。

  • 【4】どう転んでもいい気分にはならない「彼女、何歳だと思う?」

    「なんと答えられても嬉しくない」(30代女性)のように、意味なく年上彼女であることを意識させることに女性は腹を立てるようです。最初から具体的に年齢を出すのは避け、仲よく打ち解けたのち、タイミングを見て「年上なんだ」と言ってはいかがでしょう。

  • 【5】姉さん女房ぶりをリクエストされているように聞こえる「姉貴のような存在」

    「それっぽい振る舞いをしろってこと?」(30代女性)と、普段とは違う「面倒見がいい女性」を演じないといけない気がして嫌がる女性もいるようです。友人の前では姉さん女房タイプでいてほしいなら、紹介した時ではなく事前にお願いしてみるといいかもしれません。

  • 【6】友達の前でいい顔をしたいのがミエミエな「年上彼女だけど、主導権はオレだから」

    「わざわざ言う必要はない」(30代女性)など、多くの女性は、男性が友人にいい格好をしたい気持ちが理解できないようです。実際は彼女に尻に敷かれているなら、前もって「友達の前では俺に引っ張らせて」と頼んでみてはいかがでしょうか。

  • 【7】かえって年齢を強調されているように聞こえる「若く見えるでしょ?」

    「でもホントは…と言いたいんでしょ」(20代女性)のように、男性は良かれと思っても逆効果になるセリフのようです。さらに友人も「そうだね」としか答えようがなく、気を使わせることになるので言わないほうが無難でしょう。

  • 【8】愚痴っぽく紹介されるのが気になる「怒るとめっちゃ怖い」

    「嫌なら年下と付き合えば?」(30代女性)など、年齢とは無関係のつもりで発言しても、年上彼女だからこそ出る愚痴だと思われてしまうようです。「細かいことにうるさい」など、女性が上の立場だと誤解されるセリフは口にしないよう心がけましょう。

  • 【9】関係ないはずの年齢を無意味に持ち出す「すごくしっかり者。年上だからね」

    「年上なのは理由になるの?」(30代女性)のように、必要性がないのに性格と年齢を結びつけるような発言は、女性の怒りを買ってしまうようです。内面が「大人な女」なことをほめたいなら、「俺が頼りないから」など、謙遜してみるのもいいかもしれません。

年上彼女を友人に紹介するとき、彼女が嫌がりそうな発言はほかにどんなものがあるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。