性と愛の研究室 - きゃらめる民族

~リア充を目指すサイトです~

最新記事
おすすめの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言われた瞬間は腹が立ったが、後から感謝した彼女の言葉9パターン

彼の欠点の指摘は、二人の関係を傷つけそうで躊躇しがちです。ですが、中にはその時はケンカになっても、後から感謝されるケースもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者の意見を参考に、「言われた瞬間は腹が立ったが、後から感謝した彼女の言葉9パターン」を紹介します。







  • 【1】お礼の一言がないことをたしなめる「感謝の気持ちは言葉にしなきゃ伝わらない」

    「大人になると誰も注意してくれないから」(20代男性)と、人付き合いの基本への指摘は耳が痛くともありがたく思われるようです。「自分が感謝してほしいだけ」と彼に思われないよう、「助けてくれたなら友達相手でもお礼を言うべき」と伝えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】食事のマナーが悪いことを注意する「食べ方が汚い」

    「レストランで恥をかかずに済んだ」(20代男性)のように、食事マナーは、指摘したときはうるさがられても、後から感謝されるケースが多いようです。特に、彼を自分の両親に紹介するつもりなら、きちんと注意しておいたほうがいいでしょう。

  • 【3】自己中心的な考え方に対する「他人の気持ちをもっと考えたほうがいいよ」

    「彼女の注意が一番効いた…」(20代男性)と、自己中な性格の改善には、彼女からの指摘が効果的なようです。あまりに他人の気持ちに配慮がない彼ならば、多少厳しい言い方をしてもいいかもしれません。

  • 【4】表情の作り方で損をしていることを気づかせてくれた「顔つきが怖いから近づきにくい」

    「『友達を紹介したくない』と言われた」(20代男性)と、険しい表情のデメリットを注意されて、直す必要性を感じる男性もいるようです。「顔が悪い」と言ったと誤解されないよう、柔和な表情の作り方のアドバイスをするといいかもしれません。

  • 【5】デートの待ち合わせに繰り返し遅刻したことに対して「今度遅れたら別れるよ」

    「謝ればいいという甘い考えを改めてくれた」(20代男性)のように、時間にルーズな男性に対しては、厳しい姿勢をみせることで改善につながり、結果として感謝されることがあるようです。ただ、彼を厳しくとがめるならば、自分も彼との待ち合わせには絶対に遅刻をしないように注意しましょう。

  • 【6】自分ではまったく気が付いていなかった「口が臭い」

    「ショックだったけど…」(20代男性)と、他人から指摘されにくい分、「彼女だからこそ言ってくれた」と多くの男性に感謝されるようです。「臭い!」と言うだけでは彼を傷つけてしまうので、口臭予防のガムをあげるなど、具体的な改善方法も伝えてはいかがでしょうか。

  • 【7】優柔不断な態度を厳しく指摘してくれた「自分で何も決められない人は嫌い」

    「自分の意思を主張できるようになった」(20代男性)など、優柔不断な姿勢を批判する一言も、「言われてよかった」と男性に思われるようです。注意した後は、彼のデートプランが不満でも、文句は言わないようにしましょう。

  • 【8】似合っていないファッションスタイルを指摘する「あなたの服装、かなりダサいよ」

    「友達から『オシャレになった』と言われた」(20代男性)と、ファッションに対する指摘も、彼に感謝されることがあるようです。ただ注意するだけでなく、一緒に服を買いに行くなどすれば、彼により喜ばれるかもしれません。

  • 【9】自分が悪くても謝罪できないことに対して「謝ることもできない人は最低」

    「自分の非を認めずに損をしていたことに気がついた」(20代男性)のように、謝ることのメリットを合わせて伝えれば、男性に喜ばれることがあるようです。指摘したあとに、彼が「ごめん」と言ってきたら、素直に許してあげるとより理解されやすいでしょう。

言われた瞬間は耳が痛くても、後から感謝できる彼女からの一言は、他に何があるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Offce Ti+)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




以下読者のみなさまの反応
コメントの投稿
(設定すると投稿後編集/削除が出来る)
管理者にだけ表示を許可する










デイトレードとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。